FC2ブログ
 
■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
沖縄に行って来ましたが…。
 沖縄に行ってきました。実は初上陸だったりします。

上空を通過するF-15⇒沖縄のF-15

 画像のF-15は、最初2機現れ次に3機現れて、那覇へと旋回しながら降りて行きました。

 勿論、仕事でお宜野湾市の〈沖縄コンベンションセンター〉で缶詰状態の二泊三日でした。

 観光などありませんでしたが、ホテルと会場の往復のバスから道路脇を見ていたら、すれ違う車輌は米軍関係のものが多かったです。

 といっても、軍用車ではなく通勤の自家用車やスクールバスなので一般の日本人の車輌とナンバープレートが違うのですぐ分かりました。

 さて、東京に戻ってきましたが、私の方は模型製作の士気が上がらず早くも挫折を感じています。

 AFVクラブのM24は組説が細かくて作り辛いです。
 
経年変化で痛む二箱⇒イタレリのオペル・マウルティア童友社のDC8-61

そこで経年変化で箱が傷んでいる二点を制作しようかと思っています。







特務曹長紀行 | 10:03:36 | Trackback(0) | Comments(1)
【完成報告】『スペース1999』のホークⅨ(ノンスケール)
 徳島、愛媛と出張に行ったら疲労が(今年の流行語ではないですが)、「半端ない」でした。

 三連休の中日の24日は風邪でダウン…(折角、デートに行こうと思ったのに…)。

 夕方から起きて『スペース1999』(1974~75年/英)のホークを完成させました。

   完成したホークⅨ⇒【完成】ホーク〔1〕

 墨入れは、エナメル塗料の黒白をつや消しして混合です。

 大昔のキットなので塗装の境界は曖昧でしたし、基本凸モールドなので思ったよりメリハリが出ませんでした。

余りメリハリが無く…。⇒【完成】ホーク〔2〕

 特徴ある機種の黄色い部分は、食玩を参考にして塗り分けました。

 操縦席の有ると思われる箇所の三面は食玩はオール黒となっていましたが、ドラマの画像を視ると一箇所だけでしたので、ドラマに忠実に行いました。

操縦席は一箇所だけが黒⇒【完成】ホーク〔3〕

 ところで、『スペース2099』というリメイク版があり、そこではホークはメイン・メカとして活躍するらしいです。

 機会があれば見てみたいですけれどね。当分、SF系のメカはいいです…。





完成報告 | 18:33:00 | Trackback(0) | Comments(0)
特務曹長は旅烏?
 今月は出張が多いです。

 11月初旬は熊本、先週は徳島、今週は松山(愛媛)、来週は沖縄…。

 週末の模型制作が心の拠り所だったりしてね(^^)。

徳島のリムジンパスにて⇒徳島のリムジンバスにて

 上の広告は、徳島のリムジンパスの車内で貰いましたが、プラモデルだったら良かったかな(^^)。

現在の進捗状況⇒塗装中のホーク〔2〕M24制作開始

 ホーク、画像では分かり難いかと思いますが、結構進んでいます。

 M24は第一工程をクリア。

 これから三連休ですが、休めるのは1日位かな…。






特務曹長紀行 | 18:33:23 | Trackback(0) | Comments(0)
虚脱感「半端ない」よ…( ;∀;)。
 BT-13が完成したら虚脱感が(今年の流行語ではないですが)、「半端ない」です。

 次は何を作ろうかと思いますが、今から手掛けて年内完成なるか否かです。

 作りかけのSF関連のホークですが、塗装を徐々にしておりますが士気(いわゆるモチベーションというやつですね)が上がらないのです。

 BT-13にエネルギーを吸い取られた(え?その程度なの?)。

何とも中途半端な状態ですが…。⇒塗装中のホーク

 SFモデルは、以前『宇宙戦艦ヤマト』のガミラス艦を途中まで制作して放り出した前科がありますので、何とか完成させたい。

 模型の師匠のW師には、「M24、作ろうよ」と競作を誘われています。

   ストックにあったМ24軽戦車⇒AFVクラブのM24

 作るとしたら、我がストックにAFVクラブのキットが有りました。

 うーん、あと飛行機ももう一作手にしたいなぁ…。





特務曹長独白録 | 10:52:11 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】1/72 バルティーBT-13
 決して作り易いキットではなったですが、完成に至りました。

BT-13完成⇒【完成】BT-13〔1〕

 簡易インジェクションのキットなのか、レジン、真鍮といったパーツを用いた意欲を感じる部品構成でしたが、工程最初の段階でコクピットのパーツの合いが悪かったのが難でした。

 シートベルトをエッチングパーツ化するなら、コクピットパネルと機体本体との接合の悪さや、操縦席の床と胴体の接合面が不明瞭なのとかを何とかしてよぉ~と、言いたいです。

機首と翼端は赤⇒【完成】BT-13〔2〕

 無線用アンテナの支柱とピトー管は、パーツ亡失のため真鍮線で自作しました。

 華奢な固定脚は、接合部に1mm程度の太さの真鍮線を埋め込んで「ポキッ!」無い様に強度をあげています。

旧国籍マークで⇒【完成】BT-13〔3〕

 このBT-13は、AZモデルから何パターンかバリエーションが出ていますが、今回作ったキットには米軍の国籍マークが入っていませんでした。

 前の記事にも書きましたが、米軍の国籍マークが入手できず古い国籍マークとしました。

 九九艦爆に改造された以外、エピソードが無く印象の薄い機体ですが、余ったデカールを見ていてイスラエルや中国など随分いろいろな国で使われていたのだなと感心したりもします。 

 それにしても、AZモデルのキットは、当分イイデス…。





完成報告 | 13:56:22 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ