プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

「横須賀地方隊 サマーフェスタ2017」に行ってきました。

 先週の5日ですが、海上自衛隊「横須賀地方隊 サマーフェスタ2017」に竹馬の友“Y通信班長”と行ってきました。

催しの開催要領⇒横須賀地方隊サマーフェスタ2017

 実は艦船に乗るのも触るのも初めてでした。

たかしおの前で記念に⇒横須賀でたかしお見学

 画像のおやしお級「たかしお」では、S副長より(お教え頂ける範囲で)いろいろ潜水艦のお仕事をお教えいただき、勉強になりました。

たかしおの模型も展示⇒「たかしお」の模型

 水上艦船より大変みたいですね。

 帰りは京浜急行線で京急蒲田まで出て「なめろう」の美味い地元の居酒屋で一杯(×幾つ?)やって帰りました。

 船も良いなと思い、童友社より「おやしお型潜水艦」が1/700で出ているのを知り、後日購入しました。

お求めやすい価格⇒おやしお型キット

 パーツ総数は、スタンドも入れて僅かに13点で、完成しても長さは12cm程度です。1,000円でお釣りがくるのも有難いです。

 ピットロードの1/350スケールも欲しくなりましたが、とりあえず、これから作ってみましょう(^^)。

blog開設10周年

 弊blog御覧になっていらっしゃる皆様、お陰様を持ちましてblog開設10周年と相成りましたことを御報告申し上げます<(_ _)>。

 書き込みと拍手、御覧になって下さった皆様には感謝申し上げます<(_ _)>。

 また私事で恐縮ですが、私も7月末に齢48歳となりました(^^; )。

ボクもいい歳です(=^・^=)。⇒ボクも老けたよ

 いろいろな事がありましたが、当時としては大事件であっても、過ぎてしまえば平凡な人生です。
 大したこともしていないのに、いたずらに歳だけ重ねてしまいましたが、模型だけは造り続けたいと思います(^^)。

 それにしても、10年。良く続きましたよ(^^;)。

ついでに本日迄の制作状況⇒記念日のクルセーダー

 これからも宜しくお願い申し上げます<(_ _)>。
  

残骸は語る

 クルセーダーMk.Ⅱを制作しはじめましたが、またしても動機は子供の頃に見た画像によるものです。

 秋田書店から刊行されていた『世界の戦車』(1971年初版)という本にクルセーダーの残骸の画像がありました。

炎上したクルセーダー⇒砂漠で炎上したクルセイダー戦車

 前回のバレンタインより更に損傷が著しいです。

 北アフリカ戦線の画像で、砲身からしてMk.ⅢではなくMk.Ⅱの様です。

 私はいつの頃からか、残骸や鉄道の廃線、飛行場跡、城跡や寺院の跡などに強烈に惹かれるものがあります。

 今なお鉄道が走っているとか、立派な城や寺があるというよりも、かつてここに鉄道が走っていたとか大伽藍があったとかその痕跡を追って想像するのが大変好きなのです。

 戦車の残骸は、なかなか実際には見る機会はありませんが「どうしてこの様な姿になったのか?」一枚の写真から想像が膨らみます。

 そんなこんなで制作は進みます。

車体下部の制作は完了⇒クルセイダー制作開始

 残骸の再現ではなく、多少改造しつつ素組しようかと思います。 

屋根裏部屋からコンニチワ。

 さぁて、次は何を作ろうかなと思いまして、屋根裏の倉庫を探してみると…。

 あれ?マケットのバレンタイン持ってたんだ俺…。

ピラミッドが背景なのが…。⇒マケットのバレンタイン

 買っちゃったのに。

 次は同じ北アフリカで使用された英国軍のクルセーダー巡航戦車にしようかと思います。

1/35では唯一のキット⇒イタレリのクルセーダーMkⅡ

作例が箱絵の旧イタレリ⇒イタレリのクルセーダーMkⅢ

 タミヤからイタレリ改修版Mk.Ⅲが出ましたが、早くも転売目的の買い占めの為にプレミアムがついたりと混乱した様子です。 

 ストックを消化しますかねぇ~。

 ところで、「クルセーダー」は「クルセイダー」のどっちが正しいのでしょうか?

【完成報告】1/35スケール バレンタイン歩兵戦車

 記念すべき70作目は、第二次大戦時の英国陸軍バレンタイン歩兵戦車Mk.Ⅱです。
 キットは、ドラゴン(香港)発売の中身はロシアのマケット社製という製品で、箱にはMk.Ⅲとありましたが、私はMk.Ⅱを作ったつもりという完全なる自己満足の世界です。

完成したバレンタイン歩兵戦車⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔1〕

 どうでしょう?報道画像と同じ向きにしてみましたが。

   この画像に基づいて制作⇒バレンタインの残骸

 塗装はラッカー系の下地にエナメル系のウォッシング、最後はアクリル系で仕上げました。
 履帯はラッカー系で茶色く塗った後にアクリル系のサンド色で墨入れというか溝の埃を表現してみました。

 ちょっと角度が違うかな…。⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔2〕

 金属が露出する部分は、キラキラの金属色ではなく茶系と金属色を混色してみました。
 建設用の重機車輛を参考にしてみましたが、イマイチ質感が表現しきれなかったかも…。

 アンテナは伸ばしランナー⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔3〕

 改造点は、エンジンの排気口の穴の表現と、フェンダーの一部、サイドミラーの棒は真鍮線に変更、といった箇所です。

デカールは付属と他製品より⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔4〕

 マーキングはキット付属の物とAFVクラブのものを転用して、余り考証に拘らず貼りました。

 暑い時に暑そうな雰囲気にしたかったのですが、何か乾ききっていますね。
 歪んだアンテナが死にそうなゴキブ■みたいです(小旗は諦めました)。
 実に5年振りの陸モノ制作なのと、陸モノにエアブラシ初使用という記念すべき作品となりました。

 

| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE