FC2ブログ
 
■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
トラックの三位一体
 やっと休めた週末、模型三昧でした(^^)。

 キャビン、荷台、シャーシと塗装して結合(?)、三位一体です。

結合して三位一体⇒ブリッツ下地塗装

 タイヤは太くなってしまいした。荷台からはみ出しています。これホントは間違いです。

 塗装は、タミヤのスプレー缶ガンシップグレイで施しております。

タイヤは、Mr.カラーのタイヤブラックにレッドブラウンを混色しています。

 この後、ウォッシング兼墨入れしてグレー系の塗装をしていきたいと思います。

 また今週末、販売応援で潰れます…(*_*)。制作が遅れます。トホホ…。





特務曹長製作録 | 11:45:04 | Trackback(0) | Comments(0)
ブリッツは実は民生用だった?
 ようやく更新できます(^^)。

 土日も仕事でしたが、帰宅後僅かな時間を制作に当てました。

 見た感じ進んでいなさそうですが、基本工作はほぼ完了しました。

ほぼ完了?⇒ブリッツ工作ほぼ終了

 あ、タイヤの取付が未だでしたね。せっかく複製しましたから、装着しないとね。

 拙宅の蔵書の中からオペルの資料を探してみました。

ワールド・カー・ガイド「オペル」⇒ワールド・カー・ガイド

 ネコパブリッシングより1994年に刊行された〈ワールド・カー・ガイド〉シリーズの一冊です。

 本書が発売された1990年代は、未だオペルが日本でも売られていました(代理店はヤナセだった様な・・・)。

 ドイツのクルマというと、ベンツが有名ですが実は、一時オペルの方がメジャーで人気も高かった時期もあったそうです。
 例えば、オペルのアドミラルやカピタンは、ドイツの高級車の代名詞だったとか。
 
 1920年代にGMの参加になってから、軍需産業面での優位無くなった様ですが、1930年代には民生用トラックも軍用車として使える様に設計されたと本書にありました。

 ブリッツの写真は若干ありますが、オペルの歴史を知る上で良い案内書です。

 次は塗装に入りたいです。





特務曹長の資料室 | 09:27:13 | Trackback(0) | Comments(0)
結局、ブリッツを作っています。
 マウルティアよ再びという思いから、結局、手を付けたのはオペル・ブリッツです。

往年のキットです。⇒イタレリのブリッツ

 このキットは、輸入品を扱う模型店では必ずと言って良いほど売っていましたね。

 最近、街の模型店へ行っていないので、反省しています。

 制作は、マウルティアを作っているので途中まで同じ工程です。

 キャビン、荷台、シャーシと三分割して行程が進められますので、キャビンとシャーシを先行して制作しております。

二行程を先行制作⇒ブリッツ制作中

 タイヤは、お得意の(笑)エポキシパテでコピーしています。

 明日より都内某所で催事販売です。土日も潰れて模型製作に時間が割けないかと思われます。気が重いです。 





特務曹長製作録 | 11:09:27 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】1/72スケール 愛知九九式艦上爆撃機二二型(D3A2)
 斑になった箇所は紙やすりで削り、改めてエアブラシをで吹きました。

そして完成です。⇒【完成】九九式艦上爆撃機二二型〔1〕

 マーキングは、宇佐航空隊所属なので、横須賀の「ヨ」を切って「ウ」にしてみました。
 資料が無かったので想像です。違っていたら済みません。

宇佐航空隊所属に⇒【完成】九九式艦上爆撃機二二型〔4〕

 濃緑の機体に白い日の丸のマーキングは一度やってみたかったのです。

□○のマーキング⇒【完成】九九式艦上爆撃機二二型〔2〕

 古いキットなので、部品の合いが疑問符なところもありました。
 特に風防と本体の寸法が合いませんでしたが、完全に直しきれませんでした。

作り易さは疑問符⇒【完成】九九式艦上爆撃機二二型〔3〕

 急降下爆撃機特有の爆弾の装着も組説では分かり難かったです。

 1月中の完成を目指したので粗い仕上がりになって仕舞いました。






完成報告 | 16:49:41 | Trackback(0) | Comments(2)
宇佐海軍飛行場訪問記
 昨年の12月ですが、出張で大分県へ行って来ました。
 同県在住のTARO機長がアテンドして下さり、仕事の目的地の宇佐市から大分市へ向かう途中に旧海軍宇佐飛行場跡地を見学致しました。
 夕方なのと若干雨が降ってきていて見学者は我々だけでしたが、それがもの悲しさを醸し出していました。

 多くの軍飛行場跡地は、わずかな痕跡しかない中、宇佐飛行場は掩体壕など保存状態が良いです。

掩体壕の記念碑⇒宇佐〔1〕掩体壕の説明板⇒宇佐〔2〕
特務曹長と掩体壕⇒宇佐〔6〕ゼロ戦のプロペラ⇒宇佐〔3〕

 現在も10箇所以上の掩体壕が残っていて、私有地で倉庫として使われていたりしています。

私有地の掩体壕⇒宇佐〔4〕宇佐〔5〕

 宇佐飛行場駐屯の航空隊から特攻の出陣もありました。

英霊への鎮魂の碑⇒宇佐〔7〕宇佐〔8〕

 見学に触発されて制作したキットの方は順調に塗装が進んでいましたが、塗装が斑っぽくなってしまったのと、艶が出てしまい頓挫してまいました。

塗装中の九九式艦爆⇒九九式艦爆塗装中〔1〕九九式艦爆塗装中〔2〕

 再度調整します。





特務曹長紀行 | 19:10:49 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ