■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ストレスは職場だけではなかった…(^^;)。
 完成に近付いてきましたが、気になるところを一つ。

 先ず、B-25の特徴とも言うべき胴体の回転銃座ですが、本体とクリアパーツの径が合いません(①)。

 銃座のドームは胴体に落ちます。 
番号は本文に比例します。⇒B-25クリアパーツ是正箇所〔1〕B-25クリアパーツ是正箇所〔2〕

 ハセガワはクリアパーツは外注なのでしょうか?

 機種のクリアパーツは、合いますが左右二連の12.7mm機銃はかなりきついです。丸い棒状の細い金属やすりで穴を拡げました(②)。

 同様に胴体左右の銃窓のクリアーパーツも合いが悪いです(③)。

 この辺かなりストレスですが、残りの作業としては、塗装の微調整と墨入れとマーキングとなりまして、八合目まで来た感あり…です。





特務曹長製作録 | 17:42:38 | Trackback(0) | Comments(0)
特務曹長、空に還る。
 連休後半は少しのんびりしました。

 伊-401型を制作中に、“浮気”してハセガワの1/72スケールB-25J型に手をつけました。

ハセガワのB-25J型⇒ハセガワのB-25J型

 前は同じB-25でも東京に空襲に来たB型とか好きでしたが、銀色に光るJ型も良いかなぁと思いました。

 先ずは内部からですが、これが細かい…。

備品とかが細かいです。⇒B-25J内部

 塗料はグンゼのMr.カラー特色C351の指定でしたが、入手できなかったので平凡に米軍機内色(C27)にしました。

 壁面の箱などは、多少考証無視してそれらしく塗っています。

左右胴体合わせてみます。⇒B-25J胴体製作

 また、隙間にはミニ四駆用の錘(おもり)を入れたりしております。
 これは、B-25クラスの爆撃機は、プラモデルのままで組み立てると自重で尻もちをつきます。

 キットでは機体前後にある搭乗用梯子で支える様になっていますが。

 次は、制作しながらの塗装ですが、いろいろ思案してみます。







特務曹長製作録 | 11:32:22 | Trackback(0) | Comments(0)
海の話に戻ります。
 伊-401型、塗装に入りました。

 先ずは、Mr.カラーの軍艦色(2)で下地塗装します。
 14cm単装砲や25mm三連装機銃は、軍艦色(2)に黒鉄色を混ぜて金属感を出してみました(また積りね)。

軍艦色(2)で下地塗装⇒伊-401型の下地塗装

 次に艦底色を塗りまして基本塗装は完了です。

マスキングテープを使用⇒伊-401型の艦底色塗装

 色の違う上下の塗り分けの境目の位置は、感です。剥がしてみると、それらしく見えました。

とりあえず基本塗装完了⇒伊-401型の艦底色塗装完了

 また他のキットもぼちぼち弄りたくなりまして、87式偵察警戒車も中性洗剤で洗ったりしております。

 次はウォッシングして少々ドライブラシして完成の予定です。






特務曹長製作録 | 16:11:18 | Trackback(0) | Comments(0)
積りのままの~、キットで良いのよぉ~♪
 墨入れが完了しました。

 完全なつや消しブラックではなく、濃いグレーにした積りですが、積りのままです。

はみ出した箇所を拭取り⇒墨入れ完了JU87B-1

 墨入れは、一昼夜乾かしました。

 墨入れしてすぐ拭取ると、塗料が乾いていなくて墨入れ部分も一緒に拭取られてしまう場合があるのです。

 モールドの溝にもよりますけれどね。新しいエアフィックスのキットはストレス無く作業出来ました。

機体下面を拭取り作業中⇒拭取ってJU87B-1

 後はマーキングと張り線が残ります。

 週末には完成するかな(^^)。






特務曹長製作録 | 15:57:20 | Trackback(0) | Comments(0)
操縦席は玉座が如く
 ユンカースJU87は、ナナニイではフジミの、ヨンパチではハセガワやモノグラム(古い凸モールドのキット)等を作って来ました。

 機体としては馴染みがありますが、最近のエアフィックスのキットは初めてです。

 他社のキットの組説とは幾分違い、一つ一つの工程が細かく、まるで小冊子の様です。 

該当部分が赤く着色⇒AirfixのJu87B-1組説〔1〕

 コクピットから周りを固めていくという設計思想ではなく、機体下部と操縦席が一体となるところから始まる設計は、これまた斬新です。
 組みあがると玉座の様に見えます。それから、機体本体との接合です。

機体本体と説都合後⇒組立中のJu87B-1

 制作しながら、『空軍大戦略』(Battle of Britain、69年・英)のDVDのJu87が出てくる場面を見ましたが、ラジコン模型機だそうです。
 我が家にも一機欲しいな。  





特務曹長製作録 | 15:21:46 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ