■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
草原のBT戦車
 一挙に寒くなった様な今日この頃です。

 でも未だ衣替えはしていません。
 裏地のあるスーツ、秋冬用は11月迄良いかなと思いました。

 何とか週末にウォッシングまで漕ぎつけました。
 これをしないとAFVは塗装した気になれませんが、他にもっと良い塗装法もあるのでしょう…。

エナメル塗料で黒ずんだBT-7⇒ウォッシング後のBT-7

 これでAFVモデル独特の重量感を演出出来ればと思います。

 あと、BT戦車関連はこれという資料がありません。

 ノモンハン絡みだと下記が秀逸です。

旧・ソ連側からの視点による資料⇒ノモンハン戦車戦

 双方で捕獲・鹵獲された車輛の画像が興味深いです。

 先日、半藤一利の『ノモンハンの夏』(文春文庫)を読みましたが、こちらの話もいずれしたいと思います。





特務曹長の資料室 | 16:54:47 | Trackback(0) | Comments(0)
夏の終わりのクルセーダー
 夏も終わろうとしています。
 ナイトプールに行く企画があったのに、雨天続きで二回延期してとうとう中止となりました。
 毎年、「ビキニが似合う女性と…」とか申しておりましたが、やはり今年も果たせず。

 でも、模型作りは止められません。

 錆びたような色から、砂漠の色へと変化です。
 もう少し黄色っぽくても良いかなと思い、サンドイエローを強調しました。

砂漠の黄色を強調⇒砂漠らしく塗装

 ここで資料の紹介です。
 今回は、大日本絵画から発売されているオスプレイシリーズです。
 手頃なのと、他にまとまった資料はなさそうです。

オスプレイ・シリーズ⇒オスプレイ・ミリタリー・シリーズ16
 
 フェンダーの制作で思いましたが、資料を見ながらどうしようかこうしようか考えていても、制作は進みません。
 何枚もフェンダーを作る羽目になりましたが、手を動かしながらしているうちに、いろいろ気付くこともあります。

 兎に角、実行が大事です。

 やはり趣味は人生の縮図です。





続きを読む >>
特務曹長の資料室 | 10:01:01 | Trackback(0) | Comments(0)
マケットのバレンタイン、結構スラスラ組めます。
 満を持して、タミヤから1/35スケールでバレンタイン戦車が発売されました。

 未だ購入していないので、それはそれで楽しみですが、兎に角今手掛けているキットを制作します。 

 もともとドラゴンのバレンタイン歩兵戦車の中身はロシアのマケット社製だそうですが、そういえばドラゴンぽく無いなぁ。

 早速、足回りから結構スラスラ組めますが、転輪の基部に変なへこみがありました。

変なへこみ有り!⇒不思議なへこみ加工前

 パテで埋めましたが、この様に部品はロシアらしくアバウトです(画像暗いです)。

パテで埋めます。⇒不思議なへこみパテ盛後

 W師によると、バレンタインはMk.Ⅰ~Ⅳまで外観上の違いは無いそうですが
資料としては、定番のスコードロンのウォーク・アラウンドを参考にさせて頂いて
おります。

定番の参考図書⇒WAバレンタイン

 薄いけれど濃い内容の“オスプレイ・ミリタリー・シリーズ”あたりでバレンタインの関連書籍が無いか探しましたが
これが無いものなんですね。

 ここ迄は順調に来ましたが、履帯の組み立てがありました!一枚一枚組むタイプなので時間が掛かりそうです(ぐぇ~っ!)。

 あと、北アフリカ仕様とソ連に貸与された型とは微妙に違うことに気づきました。

 おそらくマケット社のキットは、旧ソ連領内の博物館にある車輛を参考にしているからと思われますが、その辺は次回にお話しします。









特務曹長の資料室 | 00:11:30 | Trackback(0) | Comments(0)
入門書も大事です。
 春なので、テンプレート替えてみました。

 週末の作業でだいぶ進みました。

これから塗装です。⇒塗装前のハリアーⅡ+

 基本工作は、ほぼ終了です。
 確かに、部品の合いが悪いです。
 胴体の左右もさることながら、主翼と胴体の合いも悪いので、
かなり紙ヤスリで削りました。

 特にミサイルランチャーと主翼の合いが悪かったです。

 さて、今回の資料は主に下記です。

イカロス出版のムック⇒イカロス出版ハリアーⅡ

 イカロスのムックは、これまたAmazonの書評で「入門者向け」とありましたが、
私には充分かも知れません。

 次は塗装に入ります。





特務曹長の資料室 | 09:18:36 | Trackback(0) | Comments(0)
やはり手頃なのは「世界の傑作機」シリーズ
 今度は仙台に出張してきました。
 雪が降っていましたが、夕方には溶けていました。

 それはそうと、模型製作ですがスプレー塗装の際のハウスダスト対策ですが
スプレー前に急いで部屋を片付けたり等、埃の舞う様な事はせず
以前制作したキットの空き箱に吹き付け対象の部品を置いて
サッとひと吹きしてすぐ何かで蓋をする…という平凡な対策をしております。 

エンジンの制作⇒B-47エンジン部

 スプレーした塗料が乾くのを待っている間に他の部品の制作に入ります。

 そんな中、どう仕上げるのか資料を見ながら思案します。

やはり手ごろなセカケツ⇒セカケツB-47

 B-47ですとお馴染み文林堂の「世界の傑作機」シリーズが手頃です。

 私は横田基地に飛来した機体を再現したいです。






特務曹長の資料室 | 17:12:04 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ