■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
【完成報告】1/35スケール クルセーダー巡航戦車Mk.Ⅱ
 ひと夏をクルセーダー戦車と過ごしてしまいました。

 今年は湿気の多い夏でしたね。

 君と過ごした夏⇒完成クルセーダー〔1〕

 それにもめげずにエアブラシで塗装しましたが、今更ながら塗膜が薄いのには驚きました。

 サイド・フェンダー制作中に塗装が剥げてきたのです。

 そのフェンダーですが、前部の余計な出っ張りは削除するべきでしたが、そのまま作ってしまいました。

ほぼ無改造です。⇒完成クルセーダー〔2〕

 サイド・フェンダー以外は無改造です。
 他に努力の成果と言えば、アンテナは伸ばしランナーです(この歳になって伸ばせる様になりました)。

 塗装は、アクリル塗料をベースにエナメル塗料でウォッシング、ラッカー系塗料を重ねていくという工程でした。

 人生で二回目の戦車エアブラシ塗装ですが、前回のバレンタインよりも意識して黄色くしてみました。

子持ち砲塔が可愛い?⇒完成クルセーダー〔3〕

 前作バレンタインとは違った雰囲気に仕上がったとは思います。

重厚な雰囲気は如何に⇒完成クルセーダー〔4〕

 暑い時に暑そうなキットと思ったのですが、夏も終わりましたね…。

 決してうまく完成したワケではないので、次はクルセーダーⅢを作りたいと思いました。






完成報告 | 21:00:17 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】1/35スケール バレンタイン歩兵戦車
 記念すべき70作目は、第二次大戦時の英国陸軍バレンタイン歩兵戦車Mk.Ⅱです。
 キットは、ドラゴン(香港)発売の中身はロシアのマケット社製という製品で、箱にはMk.Ⅲとありましたが、私はMk.Ⅱを作ったつもりという完全なる自己満足の世界です。

完成したバレンタイン歩兵戦車⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔1〕

 どうでしょう?報道画像と同じ向きにしてみましたが。

   この画像に基づいて制作⇒バレンタインの残骸

 塗装はラッカー系の下地にエナメル系のウォッシング、最後はアクリル系で仕上げました。
 履帯はラッカー系で茶色く塗った後にアクリル系のサンド色で墨入れというか溝の埃を表現してみました。

 ちょっと角度が違うかな…。⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔2〕

 金属が露出する部分は、キラキラの金属色ではなく茶系と金属色を混色してみました。
 建設用の重機車輛を参考にしてみましたが、イマイチ質感が表現しきれなかったかも…。

 アンテナは伸ばしランナー⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔3〕

 改造点は、エンジンの排気口の穴の表現と、フェンダーの一部、サイドミラーの棒は真鍮線に変更、といった箇所です。

デカールは付属と他製品より⇒【完成報告】バレンタイン歩兵戦車〔4〕

 マーキングはキット付属の物とAFVクラブのものを転用して、余り考証に拘らず貼りました。

 暑い時に暑そうな雰囲気にしたかったのですが、何か乾ききっていますね。
 歪んだアンテナが死にそうなゴキブ■みたいです(小旗は諦めました)。
 実に5年振りの陸モノ制作なのと、陸モノにエアブラシ初使用という記念すべき作品となりました。

 





完成報告 | 11:05:31 | Trackback(0) | Comments(2)
【完成報告】1/72スケール EA-18G“グラウアー”
 自分で言うのも何ですが、スピード完成でした。

 今月初旬の連休時に作り込んだというのもあるかと思います。

 キット自体は、組むこと自体は大きな問題ありませんが、部品の整合がイマイチだったり「どうした、ハセガワ!」みたいな部分もあります。

何とか完成です。⇒【完成報告】EA-18Gグラウアー〔1〕

 ロービジのデカールが手に手入らなかったので、別売りのFA-18Cのデカールを転用しようかと思いましたが、結局使用したのは国籍マークだけでした。

 正直なところ、米軍機も自衛隊機もド派手塗装には興味が御座いません。

地味にロービジで⇒【完成報告】EA-18Gグラウアー〔3〕

 前回、細かいデカールを貼るのが大変と書きましたが、一部は省略させて頂きました。

細かい箇所は省略⇒【完成報告】EA-18Gグラウアー〔4〕

 Amazonのユーザー評価で「F/A-18は油圧が抜けると主翼のフラップがダウン状態になり、スタビレーターも後下がりになる」とありましたが、本キットは主翼はフラップも一体成型でしたのでそこまで再限出来ませんが、スタビレータ―はそういえば厚木の実機もその様になっていましたので「後下がり」にしました。
 厚木ではスタビレーターを喜んでベタベタ触ってしまいました。

後下がりを表現しました。⇒【完成報告】EA-18Gグラウアー〔2〕

 F-18系統は、複座型が格好良いです。逆にF-16は単座の方が格好良いです。

 やはり戦う道具は美しい…。今回、主役級を作れたのが嬉しいです(^^)。






完成報告 | 19:18:29 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】1/72スケール ハリアーⅡプラス
 なんと1ヶ月で完成報告です。

 最近、模型製作のペースが落ち、年5作程度の完成でしたから
今回はかなり早いペースでした。

  実は3月後半から仕事が結構大変でした。
 独立して14年、自分で起業して12年経っていますから、多少の事では動じませんが
それでもあれこれ悩んでおりました。

 たまたま知人が薦めてくれた自己啓発本の中に
「やりたいことをやっているときは嫌な気持ちにならないはず」という行があり
きちんと休みをとって気持ちを切り替えるとしました。

 そんな状況の中の模型製作でした。

やはり模型製作は楽しい⇒【完成】ハリアーⅡプラス〔1〕

 やはりハセガワのキット、本商品は出来が悪いと言われつつも
故郷に帰ったかの様な気安さはありました。

部品の不一致に悩まされ⇒【完成】ハリアーⅡプラス〔2〕

 ハリアーにも補助脚はありますが、前作みたいに長さの不一致もありませんでした。

 特にこれという改造はしておりませんが、前回触れた様に別売りのミサイル、アムラームを
装着しております。

別売りのアムラームを装着⇒【完成】ハリアーⅡプラス〔3〕

 模型製作の話が身の上話になってしまいましたが、
その後仕事でも巻き返しを図っております。

 やはり趣味は楽しいです。

 ハリアーの話は、次回もう少し致します。





完成報告 | 15:30:14 | Trackback(0) | Comments(2)
【完成報告】1/144スケール ボーイングB-47Eストラトジェット
 B-47E“ストラトジェット”が完成しました。

 組説が不親切でデカールの貼る位置が不明でした。
 仕方無いので、アカデミーのキットの組説を参考にさせてもらいました。

  完成したB-47E型⇒【完成】B-47E〔1〕

 仕上げで苦労したのは、エンジン部に収納の補助脚で
まともに装着すると機体が浮いてしまいます。
 つまり主脚と長さが合わないのです。

 そこで補助脚はカットして長さ調整しましたが、それでもかなり厳しかったです。 

画像では分からないけれど⇒【完成】B-47E〔2〕

 1/144スケール結構大きいです。以前作ったフジミのB29よりも大きいです。

  かなり幅をとります。⇒【完成】B-47E〔3〕

 1/72で作っても置き場に困りそうですね。イッチョンチョンで充分でした。

 往年の米軍機には独特の魅力がありますね。

横田基地にも来てました。⇒【完成】B-47E〔4〕

 ジョンソン基地(埼玉県入間市)にも来ていたのでしょうか?

 実戦に投入されることなく1965年には退役したそうですが
性能面で軍の要求するレベルではなかった様です。

 言われてみるとエンジン部の構造がやや脆弱に感じますがどうでしょう?

 キットとしては、組み難いことはありませんでしたが、
最後の最後に補助脚には困りました。

 カラフルなデカールでメリハリが付いたかも知れません。

 次からは新作の話を致します。

 そろそろ陸モノもやりたいですね。 





完成報告 | 15:19:18 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ