■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
残骸は語る
 クルセーダーMk.Ⅱを制作しはじめましたが、またしても動機は子供の頃に見た画像によるものです。

 秋田書店から刊行されていた『世界の戦車』(1971年初版)という本にクルセーダーの残骸の画像がありました。

炎上したクルセーダー⇒砂漠で炎上したクルセイダー戦車

 前回のバレンタインより更に損傷が著しいです。

 北アフリカ戦線の画像で、砲身からしてMk.ⅢではなくMk.Ⅱの様です。

 私はいつの頃からか、残骸や鉄道の廃線、飛行場跡、城跡や寺院の跡などに強烈に惹かれるものがあります。

 今なお鉄道が走っているとか、立派な城や寺があるというよりも、かつてここに鉄道が走っていたとか大伽藍があったとかその痕跡を追って想像するのが大変好きなのです。

 戦車の残骸は、なかなか実際には見る機会はありませんが「どうしてこの様な姿になったのか?」一枚の写真から想像が膨らみます。

 そんなこんなで制作は進みます。

車体下部の制作は完了⇒クルセイダー制作開始

 残骸の再現ではなく、多少改造しつつ素組しようかと思います。 





陸のお話し | 19:54:35 | Trackback(0) | Comments(0)
北アフリカのバレンタイン
 グラウアーを手掛けているうちから、陸モノを作りたいとストックを物色しておりました。

 独軍戦車でも作ろうかと思いましたが、何故か選んだのが英軍のバレンタイン歩兵戦車。

 しかもヤフオクで最近1,000円で落とした中古品のドラゴン社製でした(ストックが減らないでしょうが!)。
  
ドラゴンのバレンタイン(絶版?)⇒ドラゴンのバレンタイン

 バレンタインは、いろいろなバリエーションがありますが、北アフリカで前半活躍したのはMk.Ⅱ型です。

 ドラゴンのキットも内容を見る限りMk.Ⅱ型なのですが、箱絵にはMk.Ⅲとあります…。

北アフリカのバレンタインの残骸⇒バレンタインの残骸

 そもそも何でバレンタインなのかと申しますと、私は子供の頃に上の画像を見て衝撃を受けました。

 擱座しても尚、闘おうとしているかの如きのバレンタインに美すら感じましたが、師匠のWさんに「砲身より砲尾の方が重いので自然と砲身が上向きになる」と教えてもらい納得しました。

 そういえば、半年振りにW師と電話が繋がり会いましたが、ドラゴンのバレンタイン(香港)はマケット(ロシア)と内容は一緒だそうで、更にソ連時代からあるキットだそうです。

 それにしても、このコーナー5年振りの更新ですよ(^^;)。
 





陸のお話し | 00:02:39 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール 38(t)戦車 G型
 GWも後半ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

 私は5月4日だけ休みました。それでも仕事の電話が掛かってきます。

 Ju87D-5の完成に時間が掛かってしまったので
次をどれだけの時間で仕上げられるか心配なのですが、先ずは手を動かしたいと思います。

今回はこちらを制作します⇒候補②プラガ38(t)戦車

 今回選択したのは、俗に“プラガ”38(t)戦車といわれる本車輌ですが、
ドイツ軍の正式名称は、Pz.kpfw.38(t)でもともとチェコ製の戦車です。

 第二次大戦の初期に活躍しました。

 私は、昨年制作したルノーR35歩兵戦車やプラガ38(t)の様な
母国用というよりもドイツ軍で活躍した車輌に妙に惹かれます。 

 ドイツ製ではないのに、妙にドイツっぽい雰囲気はなぜでしょう?

 その辺りを調べながら制作したいと思います。


 





陸のお話し | 20:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール Ⅱ号戦車C型
 皆さん、もう夏休みはとられましたか?

 私は…私は…夏休みがありません。

 なんとか13日と14日休めれば良いのですが。

 行きたいな…。南の島に…。ビキニの似合う姐チャンと…。

 …というワケで、何の脈略も有りませんが、
1/35スケールⅡ号戦車C型を制作してみます。

アランホビーのキット⇒アランホビーの2号戦車

 ここのところ装輪装甲車が続きまして四、六、八、ときたから
次は十…なんて、ことは無く半装軌車(ハーフ・トラック)でもと
思っておりましたが久し振りに戦車を作ります。

 地味な箱絵をお手本として、
ジャーマングレーというよりライトグレーっぽい車輌の再現を
大胆にも試みます。

 経年変化で箱も傷んでいるので「片付ける」という意味合いからも
このキットを選択してみました。
 今は無き池袋の「レオナルド9」で購入した思い出があります。

 つまり中古なのですが、
中には別売りのディティール・アップ・パーツも入っていました。
意気込んで作ろうとしたのでしょうね。

 想像しても無意味ですが、
前持っていた人は果たしてどんな人だったのだろう?





陸のお話し | 21:37:19 | Trackback(0) | Comments(0)
【改造】八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263
 飼い猫が何を話したのか存じませんが、
今回は八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263を制作することにしました。

八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263横面⇒八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263横面

 ベースとなるのは、タミヤの八輪装甲車Sd.Kfz232です。

 このタミヤの八輪装甲車は何度も制作しました。
初めて作ったのが小学校4年生の時ですから、かれこれ30年も前になります。
 面倒くさいので、アンテナ関連や車体前部のジェリ缶を納めた防御板は
いつも省略していた記憶があります。
 作り応えのあるキットでした。今ではリニューアルキットも出ていますね。

リニューアルキットです(↓)。
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.297 1/35 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 アフリカ軍団1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.297 1/35 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 アフリカ軍団
(2008/12/25)
タミヤ

商品詳細を見る

 
 私の所有キットとそのものは16年前に購入してストックしていた従来品です。

 それにジャーマングレイ系をもう少しやりたいという気持ちで
選択肢が何個か出てしまい迷っておりました。

 結局決めた理由として
先だっての東日本大震災と何度か有った大きな余震で、崩壊した拙宅の模型の山から
経年変化で箱が傷んだキットを選んで制作していこうと思ったからです。

 先日挙げた候補の中でタミヤの八輪装甲車が一番箱の傷みが進行していたました。

装甲無線指揮車Sd.Kkz263改造キット⇒Sd.Kkz263改造キット

 ストレート組みが続いたので、今回は改造セット(パーツ?)を用いてみます。

 改造パーツの紹介は、また次回と言うことで。






陸のお話し | 21:46:19 | Trackback(0) | Comments(6)
次のページ

FC2Ad

まとめ