■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
1/35スケール 38(t)戦車 G型
 GWも後半ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

 私は5月4日だけ休みました。それでも仕事の電話が掛かってきます。

 Ju87D-5の完成に時間が掛かってしまったので
次をどれだけの時間で仕上げられるか心配なのですが、先ずは手を動かしたいと思います。

今回はこちらを制作します⇒候補②プラガ38(t)戦車

 今回選択したのは、俗に“プラガ”38(t)戦車といわれる本車輌ですが、
ドイツ軍の正式名称は、Pz.kpfw.38(t)でもともとチェコ製の戦車です。

 第二次大戦の初期に活躍しました。

 私は、昨年制作したルノーR35歩兵戦車やプラガ38(t)の様な
母国用というよりもドイツ軍で活躍した車輌に妙に惹かれます。 

 ドイツ製ではないのに、妙にドイツっぽい雰囲気はなぜでしょう?

 その辺りを調べながら制作したいと思います。


 





陸のお話し | 20:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール Ⅱ号戦車C型
 皆さん、もう夏休みはとられましたか?

 私は…私は…夏休みがありません。

 なんとか13日と14日休めれば良いのですが。

 行きたいな…。南の島に…。ビキニの似合う姐チャンと…。

 …というワケで、何の脈略も有りませんが、
1/35スケールⅡ号戦車C型を制作してみます。

アランホビーのキット⇒アランホビーの2号戦車

 ここのところ装輪装甲車が続きまして四、六、八、ときたから
次は十…なんて、ことは無く半装軌車(ハーフ・トラック)でもと
思っておりましたが久し振りに戦車を作ります。

 地味な箱絵をお手本として、
ジャーマングレーというよりライトグレーっぽい車輌の再現を
大胆にも試みます。

 経年変化で箱も傷んでいるので「片付ける」という意味合いからも
このキットを選択してみました。
 今は無き池袋の「レオナルド9」で購入した思い出があります。

 つまり中古なのですが、
中には別売りのディティール・アップ・パーツも入っていました。
意気込んで作ろうとしたのでしょうね。

 想像しても無意味ですが、
前持っていた人は果たしてどんな人だったのだろう?





陸のお話し | 21:37:19 | Trackback(0) | Comments(0)
【改造】八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263
 飼い猫が何を話したのか存じませんが、
今回は八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263を制作することにしました。

八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263横面⇒八輪無線装甲指揮車Sd.Kfz263横面

 ベースとなるのは、タミヤの八輪装甲車Sd.Kfz232です。

 このタミヤの八輪装甲車は何度も制作しました。
初めて作ったのが小学校4年生の時ですから、かれこれ30年も前になります。
 面倒くさいので、アンテナ関連や車体前部のジェリ缶を納めた防御板は
いつも省略していた記憶があります。
 作り応えのあるキットでした。今ではリニューアルキットも出ていますね。

リニューアルキットです(↓)。
1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.297 1/35 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 アフリカ軍団1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.297 1/35 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232 アフリカ軍団
(2008/12/25)
タミヤ

商品詳細を見る

 
 私の所有キットとそのものは16年前に購入してストックしていた従来品です。

 それにジャーマングレイ系をもう少しやりたいという気持ちで
選択肢が何個か出てしまい迷っておりました。

 結局決めた理由として
先だっての東日本大震災と何度か有った大きな余震で、崩壊した拙宅の模型の山から
経年変化で箱が傷んだキットを選んで制作していこうと思ったからです。

 先日挙げた候補の中でタミヤの八輪装甲車が一番箱の傷みが進行していたました。

装甲無線指揮車Sd.Kkz263改造キット⇒Sd.Kkz263改造キット

 ストレート組みが続いたので、今回は改造セット(パーツ?)を用いてみます。

 改造パーツの紹介は、また次回と言うことで。






陸のお話し | 21:46:19 | Trackback(0) | Comments(6)
ジャーマングレイ再び
 連休、暦通りの特務曹長ですが皆様如何お過ごしでしょうか?

 ジャーマングレイ塗装の消化不良なので、
このままジャーマングレイを作りたいと思いストックを整理しながら
何を作るか検討しました。

そこで選んだのがこれ⇒イタレリSd.Kfz.232 6rd

 最初、「戦車」と思ったのですが装輪式を作りたかったのでこれにしました。

 Sd.Kfz.232(6rd)装甲車も前回のアドラーと同じく、ドイツの再軍備時に
トラックのシャーシを装甲化して作られた車輌でした。
 洗練されたスタイリングに比べて路外走行性能は低く
生産台数もメーカー別と派生型も含めて120輌程度で早々戦線から姿を消しました。

 とは言え当時は世界的にモータリゼーションが始まったばかりでしたので
民間の車輌から軍用へのシャーシの転用等は、
第一次大戦に敗北して軍備に制限のあったドイツだけではなかったと思います。
 ですから、Sd.Kfz.232(6rd)装甲車の性能が特別劣っていたわけではありません。 

 ドイツ軍の装甲車というと実用的なのは四輪か八輪ですが
六輪の方がドイツっぽいんですよね。

 早速、再軍備!いや制作に入っております。
 





陸のお話し | 12:05:36 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール アドラーKfz.13装甲車
 東京は落ち着きを取り戻しつつあります(そう信じたい)。

 ですが、一方で職場の近所のコンビニに昼飯を買いに行くと、
(ダイエット中なので)ランチパックやクラッシュタイプの蒟蒻畑が無くなっていました。
棚はスカスカなので仕方なく、違うコンビニに行き、
ようやくお目当ての品物を購入しましたが、そのお店も棚が空いていました。

 理由は2つ考えられます。

 1つは物流の停滞による欠品。もう1つは買い占めによる品薄。
 前者はともかく、後者は悲しいです。不安な気持ちは分かりますが、
東京近辺は自分のことしか考えない人も多いのでしょうか?
 だとしたら、都民の端くれとして悲しいです。

 桜の季節になりましたので、またテンプレートを替えてみました。

 春になると陸モノを造りたくなるのでしょうか?
昨年も4月になって思い出したように装甲車を作っておりました。
今回も、暫く空モノが続いたので“着地”してみようと思います。

BRONCOのキットは初めてです。⇒アドラー装甲車

 アドラーKfz.13装甲偵察車は、1/35ではBRONCOのキットが初めてです。
私自身もBRONCOの製品を作るのは初めてです。

 期待と不安が入り交じった気持ちで制作に臨みます。






陸のお話し | 09:04:39 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ