■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
装輪装甲車は威圧感が無い?
 大阪府北部地震の被害に遭われた皆様に御見舞い申し上げますm(_ _)m。

 早速、自衛隊も災害出動した様ですね。こんな時、頼れるのは自衛隊だと思います。

 最近、地震が多いから嫌だなぁ・・・。 

 私の八七式は先ずは足回り車体下部から出来ております。

 本日までの進捗状況⇒八七式車体下部

 こうして見ると海外の装甲車に引けを取らない出で立ちだと思いました。

 車体下部だけ見ていて、ピラーニャ装甲車とかに似ているなぁと思いましたが、あちらはAPC(装甲兵員輸送車、Armoured Personnel Carrier)でしたね。

歌舞伎座の前にて撮影⇒歌舞伎座の前の87式警戒偵察車

 以前、軍事評論家の江畑謙介さん(故人)が、装輪装甲車は履帯式の車輌に比べて威圧感が無いと何かで仰ってましたが、でかいタイヤはそれなりの威圧感です(笑)。

 否、この際存在感と言いましょう。上の画像の様に一般道を走っていて、風景に溶け込んでいました。

 週末は車体上部に着手するゾ!






特務曹長独白録 | 11:17:42 | Trackback(0) | Comments(0)
モデラーの敵再び現る!
 またしても5月中には完成しませんでした。

ぼぼ工作完了のB-25J⇒ほぼ工作完了B-25J〔1〕

 実は最近、モデラーの敵「老眼」と戦っております。

 細かいものばかりでなく、遠くも見え難くなったので、コンタクトレンズを新調しました。

老眼兼用コンタクトレンズ⇒兼老眼コンタクトレンズ

 遠くが見えないのは、近眼の進行と思われ、これは新調することで解決できたのですが、何と!近くが益々見難くなったのです。

 これ、どーいうこと!?

 今、キーボードを打っているのは苦にならないので、恐らくは光の問題の様な気がしてきました。

 いずれにせよ、一度眼科に行ってみます。
 






特務曹長独白録 | 09:55:23 | Trackback(0) | Comments(0)
模型の浮気をシテイマス…(不倫じゃないよ)。
 伊-401型のドライブラシ塗装を失敗し、途方に暮れています。

 修正作業は週末に実施するとして…実は浮気しています(勿論、模型の)。

中性洗剤で洗浄⇒洗浄後の87式

 ピットロードの87式警戒偵察車ですが、製造はトランぺッター(つまり中国)当たりだと思いますので、離型剤落しにママレモンで洗浄しました。

 他にハセガワのB-25J型も制作しております。

製作中のB-25⇒B-25J型制作中

 伊-401型は放置です…。いかん!





特務曹長独白録 | 16:15:13 | Trackback(0) | Comments(0)
気が付けばJu87
 平日はなかなか作業する時間がありません。

 今は画像の通り風防の塗装です。

これが根気が要るのです。⇒風防塗装中のJu87B-1

 特に御存知の通り第二次大戦のころの軍用機は、洋の東西を問わず風防の枠が多く、塗装に一苦労致します。

 ところで、思い出した様に時々Ju87を制作しておりますが、このblogをはじめてB型だけでも今回で三作目です。

 過去画像で恐縮ですが、フジミのナナニイとハセガワのヨンパチです。

 フジミの1/72⇒過去作品:フジミのJu87B

 作っていて意外に胴体が細いのだなぁと思ったりもしました。

ハセガワの1/48⇒過去作品:ハセガワのU87B-2

 今から30年以上前にエレールのキットも作りました。

 今、エレールのJu87のキット、見かけませんね。リベットがごつごつした感じが良かったです。

 各社作り比べも楽しいかも。






特務曹長独白録 | 19:34:12 | Trackback(0) | Comments(0)
天候と模型製作は関係ない?
 数年に一度の大雪で、東京の交通は麻痺します。

 その為だけに対策の費用を掛けるのは都も交通機関もしない様です。

 私のクルマではないのですが、御近所のクルマも下の画像の通りでした。 

これでは車種が不明⇒2018年1月23日の朝

 でも家に帰るころにはだいぶ溶けていました。

 キットもだいぶ完成に近づいて参りました。

強撃5型、基本工作完了⇒強撃5型、基本工作完了

 塗装は、エアブラシで行いすべてラッカー系です。
 ダークイエロー(C39)をベースに暗緑色(C124)と赤褐色(C131)にダークアース(C22)を混色した三色迷彩にしました。
 筆でも多少補正しました。
 後は微調整して、墨入れとマーキングです。

 工作の方は、細かい部品と装備品の装着が未だです。
 風防の前部とキット本体の接着面の整合がイマイチでした。

 全体のプロポーションを見て(自分では作っていないけれど)1/48スケールより細身に感じられましたが、実際はどうなのでしょう?
 エアインテークを両脇に移動した分、ミグ19よりは太目になったろうにと思うのですが。

 次回はいよいよ完成!…出来たらイイナ(=^・^=)。
 






特務曹長独白録 | 00:28:14 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

まとめ