■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
特務曹長、急降下爆撃機と帰宅す。
 それにしても最近のエアフィックスはやる気満々ですね。

 今日、職場の書庫を片付けていたら、以前購入してそのままになっていたエアフィックスの1/48スケールのJu87B-1が出てきました。

やる気満々Ju87B-1⇒ヨンパチJU87B-1

 箱絵(ボックスアート)も凄い迫力です。

 造るはずのナナニイの方は、台所用中性洗剤で離型剤の洗浄をしたばかりで、これかせ制作です。

 さぁ、キットを持って家に帰ろう!





キットで満足♪ | 18:19:11 | Trackback(0) | Comments(0)
BT-7のキット造り比べ
 出張続きで作業は進まず…で、大してお見せできる画像が無いのですが、閑話休題。
 出かける前に画像に収めようと自分の手の物を改めて見てみると、ドライブラシが粗いです。

 エアブラシを使う様になってから、益々自分の筆塗の技術が稚拙であったか思い知りました。

 そんな出戻りモデラー兼ストッカーな私としては、是非取り上げてみたいBT-7の他社のキットです。

仕上げの段階なのですが現況⇒ドライブラシ終了後のBT-7戦車

 私が所有するのは、イースタン・エキスプレス(ロシア)のキットでBT-7で1935年型と1937年型の二種です。

イースタン・エキスプレスのキット⇒EEの35年型BT-7EEの37年型BT-7

 いずれもタミヤのキットが2010年頃の発売ですから、それに先立つこと10年位前に輸入されたキットです。

 ネットで検索すると本商品、未だ未だ入手可能の様ですが、ズベズタのパッケージの発売もありますが、元はイースタンエキスプレスの金型ではないかと思われます(未確認)。

 メーカーのイースタン・エキスプレスは今はもう無いのでしょうか?
 輸入元のバウマンも在庫のみの様です。





キットで満足♪ | 14:31:52 | Trackback(0) | Comments(0)
屋根裏部屋からコンニチワ。
 さぁて、次は何を作ろうかなと思いまして、屋根裏の倉庫を探してみると…。

 あれ?マケットのバレンタイン持ってたんだ俺…。

ピラミッドが背景なのが…。⇒マケットのバレンタイン

 買っちゃったのに。

 次は同じ北アフリカで使用された英国軍のクルセーダー巡航戦車にしようかと思います。

1/35では唯一のキット⇒イタレリのクルセーダーMkⅡ

作例が箱絵の旧イタレリ⇒イタレリのクルセーダーMkⅢ

 タミヤからイタレリ改修版Mk.Ⅲが出ましたが、早くも転売目的の買い占めの為にプレミアムがついたりと混乱した様子です。 

 ストックを消化しますかねぇ~。

 ところで、「クルセーダー」は「クルセイダー」のどっちが正しいのでしょうか?





キットで満足♪ | 13:37:23 | Trackback(0) | Comments(0)
出たとき買わないと…。いつ買うのか?発売時でしょ?
 巨大なフェンダーがある為に、車体の上部と下部とを別々に塗装しようか迷いました。

 下地塗装は上下別々としましたが、今後サンド系の色は上下接着してから塗ることにしました。

 下地塗装完了⇒下地塗装完了のバレンタイン

 さて、1/35スケールのバレンタイン戦車のラインナップってどんなでしょう?

 我が旧・マケット製ドラゴン以外ですと、Mk.Ⅱに限っていうとタミヤの新製品がありますが、かつてはAFVクラブとミニ・アートからも販売がありました。

タミヤより細かい⇒AFVクラブのバレンタイン

 AFVクラブのは未だ入手でき、私も所有しておりますが、ミニ・アートのは持っておらず、慌てて探しましたが全く手に入りません。

   現在は絶版⇒ミニアートのバレンタイン

 出たときは「そのうちに」とか思っていたら、急に欲しくなるのですからねぇ…。

 再販しないかな。そんなキット、他に何点かあります。







キットで満足♪ | 20:16:46 | Trackback(0) | Comments(2)
B-47のキットについて
 九州に出張してきました。
 福岡⇒鹿児島と九州縦断で模型を作れないストレスが溜りました(^^;)。

 取り合えず、ミスターカラーのスプレー8番の銀色を吹きましたが
事前にキットの表面を拭いてみたり、空き段ボールの中で吹き付ける等
細心の注意を払いましたが、室内の細かい埃(ほこり)が付着してしまいます。

画像は分かり難いけど⇒B-47主翼

 今、対策を考えております。

 さて、B-47のキットですが古くはハセガワから1/72スケールが
販売されていました。ナナニイだと大きいし、ハセガワのキットは凸モールドでした。
 手ごろな大きさの1/144スケールですと、今回のカナダのメーカー「ホビークラフト」と
同じ金型で韓国のアカデミーからも販売されています。

アカデミーのB-47⇒アカデミーのB-47

 アカデミーのキットにはクリアーパーツの追加があり
B型とE型の選択が可能です。

 また組説の塗装図も多少詳しくなっております。

 これからB-47を作りたいと思う方(いらっしゃいますかね(^^;))は
アカデミーのキットの方が良いかも知れません。





キットで満足♪ | 09:53:35 | Trackback(0) | Comments(2)
次のページ

FC2Ad

まとめ