■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
映画に出てきたM51“スーパーシャーマン”
 映画に出てきたM51“スーパーシャーマン”というと下の作品があります。

最前線物語 ザ・リコンストラクション [DVD]最前線物語 ザ・リコンストラクション [DVD]
(2008/06/11)
リー・マーヴィン、マーク・ハミル、他

商品詳細を見る


 無精髭と煙草の似合うリー・マーヴィンの鬼軍曹(吹き替えは勿論、小林清志)と
『スターウォーズ』のルークことマーク・ハミルら部下の兵隊たちの物語です。

ルークことM・ハミルも出演⇒THE BIG RED ONE

 原題は『The Big Red One』なのですが、これは米陸軍第1歩兵師団の愛称のことです。
邦題になると何か安っぽいですね。『史上最大の作戦』、『空軍大戦略』にしかり。

 そういえば、ある映画評論家が自分が命名したって吹聴していましたね
(別にその方は嫌いじゃないけれど)。この映画もそうなんでしょうか?

       もう上陸多過ぎ⇒もう上陸多過ぎ

 展開は、モロッコに上陸してからカセリーヌ峠の戦い、シチリア島上陸、イタリア戦線、
ノルマンディ上陸(上陸が多いな)、フランス、ベルギーそしてチェコで終戦…と
エピソードが羅列している様ですが、各場面を丁寧に描いていると思います。

 例えば、ラストのエピソードでチェコで強制収容所を開放したとき
マーク・ハミルの怒りの余りいっちゃった表情(『ザ・フラッシュ2』のトリック・スターと同じ、爆)と、
助け出した子供が肩に乗ったまま死んでいってもなお無表情の軍曹は、強烈な印象を残しました。

何とティーガーⅠの役で登場⇒M51完成〔2〕

 んで、M51は何処に出てくるかというと物語前半のカセリーヌ峠。
バーチカル・クロイツをつけての登場ですから当然ティーガーⅠ極初期型の役です。

 なんでこの映画にM51が登場したかというと、
人件費が安いからという理由でイスラエルでロケしたからだそうです。
 そういえば、ノルマンディーもシチリア島も風景が殆ど変わらなかった様な…。

 大作でありません。地味な作品です。
B級扱いされることもありますが、決して悪くないです。是非一度御覧アレ。





映画に出てきたAFV | 00:14:24 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール M51スーパーシャーマン 【完成報告】
     完成です・・・。出来ました。⇒M51完成〔1〕

 下地塗装を上手く活かせませんでした。でも何とか砂漠の戦車っぽくみえるでしょ?

見える・・・見えると思えば見える!⇒M51〔2〕

 実は最後の方、制作に関するやる気、今風に言うとモチベーションが落ちてしまい
最後はしょりました。
 やはり模型にも適正工期というのがあるのでしょか。

アカデミー1/35スケールM51箱絵→M51箱絵

 或る意味、M51は数多あるシャーマン戦車のうち究極のシャーマン戦車なのですが、
戦火の収まらない中東の悲しさには気持ちが深入りできませんでした。
 師匠のW師にM51の事を訊ねると
「シオニストの戦車なんか知らないよ!」と一喝されてしまいました。
 そう言いつつ資料を貸してくれました。有り難う!W師<(_ _)>。

            横から見たところ⇒M51〔4〕

 また、当キットを作るにあたり実車の背景とかは殆ど調べませんでした。
 
 多くを語るのは遠慮致します。






完成報告 | 09:36:20 | Trackback(0) | Comments(0)
戻ってきました
 札幌へ出張してきました。18日の晩に戻ってきました。

これは出発時の羽田です→朝の羽田の風景

 この画像も16日の画像もANAでしたが、別に全日空が好きなわけではありません。
折角、JALカードも作ったしね…。

 たまたまこの便が空いていたのです。

 画面後方にはキチガ●塗装の機体が…。

 出発前に仕事でいろいろ問題が起こり、原因も札幌にありましたので
気の重い旅となってしまいました。

 帰りは疲れ果てて、新千歳で撮影する気力もありませんでした。機内でも寝ていました。

 模型でも作って気分転換しよう♪。





特務曹長紀行 | 09:17:26 | Trackback(0) | Comments(0)
出掛けて来ます
 本日より18日まで出掛けて来ます。もちろん出張です。帰ったら報告を!

無事飛んで!⇒羽田空港

 さて、どこに行くでしょう?







特務曹長紀行 | 01:16:20 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール M51“スーパーシャーマン” 制作録 【塗装編・下】
 引き続き塗装の話をします。

 下の画像は、ドライブラシをかけているところです。

未だ途中ですが・・・⇒ウェザリング中

 下地の色が死んでしまいました。むぴょぴょぴょぴょ・・・・

 これから、タミヤのアクリルカラー、デザートイエロー、バフ、スカイグレイの混合色を幾つかの
段階に分けてドライブラシしていきます。

 まだまだ続きます。いや、もう完成させたいよ






特務曹長製作録 | 01:07:08 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール M51“スーパーシャーマン” 制作録 【塗装編・上】
 塗装に入りました。
 先ず、ラッカー系の基本色を筆で塗って行きます。
1年以上前に混合したので基となった色を忘れてましたが、バフやサンドイエローでした。
 ピースコンの無い私はあくまで筆塗りなのです。

何を混ぜたか忘れました⇒基本塗装M51

 だいぶ前に塗料を混合したので、ラッカー系でも何を混ぜたかを忘れました・・・。

 次に、タミヤのエナメル・カラーでウォッシングします。
つや消しのフラット・ブラウン&つや消し黒の混合を使います。
溶剤で薄めて、文字通りザーッと洗う様に塗っていきます。

    汚いと言わないで⇒ウォッシンッグ後のM51

 続いてタミヤのアクリル・カラー、バフとスカイグレイを混ぜてザーッと全体に塗っていきます。

   ヘドロの様な色に・・・⇒ヘドロ色のM51

 乾いたころ溶剤を筆につけて剥がす様に塗装面を撫でていきます。

 ところが、この後に大変な目に合います!








特務曹長製作録 | 00:06:31 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール M51“スーパーシャーマン”  【資料編】
 塗装で失敗すると折角の今までの努力が台無しになってしまいます。
それはそれで週末までに思案するとして、今回は資料の御案内~♪

バーリンデン発行の資料→バーリンデンのM51資料

 上の書籍は、かのバーリンデンプロダクツ発行のイスラエルで使用されたAFVの資料です。
全部で36頁、そのうちM51“スーパーシャーマン”の写真は19枚で、他はM50等の写真です。
 この書籍には今回の制作ではだいぶお世話になりました。
 模型店の書籍コーナーなどでもし見かけたら、早めの購入をお勧めします。

        WWPの資料→WWPのM51資料

 次に上の書籍ですが、表紙の写真がいきなりM51“スーパーシャーマン”なので、
期待して中を見ると肩すかしを食らいます。
 M51の写真は僅かに2枚。しかも後ろ姿です。
 他は、建国後イスラエルが使用した中古改造や捕獲改造車輌のオンパレードですが
どれも数点の写真しか有りません。この本も36頁です。

 この資料は余りお奨めできません。

 他に未だ良い資料があるかも知れません。知っている方がいらしたら教えて下さいませ。

 私こと特務曹長、最近キットを購入すると腕前は未熟なくせに
やたらと資料の購入に走りますが、後になって無駄な買い物を嘆くことがあります。

 且つ、洋書は決して安くありません。皆さん、資料選びも慎重に





特務曹長の資料室 | 10:39:09 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ