■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
今年も残り少なくなりました。
 今年の風邪はしつこかったです。体力を消耗し気力も減退しました。

 ですから模型制作も、牛の歩みの様なゆっくりとした進捗状況です。

 塗装が先に進みましたがクリア・パーツを取り付けられない欲求不満に陥っております。


本日までの進捗状況⇒He111制作中1229

 そして上の写真が本日の進捗状況です。

 思えばいろいろなことがあった一年でしたが
模型制作は良い気分転換になったと思います。正に私の生活の一部でした。

 今年は相互リンクも3人の方ともはじめました。
ぶりっつさん、rafale06さん、Satoshiさん有難うございます。

 また、当blogを御覧になっていただいた全ての方に感謝いたします<(_ _)>。

 未だ本調子ではないので今宵も少し早めに就寝したいと思います。

 気がつけば今年も残り少なくなりました。来年も我がblog宜しくお願い申し上げます。

猫も日だまりで寝ています⇒年越し猫コンビ

 それでは良いお年を。 





ごあいさつ | 20:36:33 | Trackback(0) | Comments(4)
風邪には御用心
 風邪が悪化してしまい、昨日は仕事を早退しました。
ひどい腹痛と下痢でした。今日一日寝ていましたが、午後少し模型制作しました。

 そこで途中経過ですが、機体下面の塗装です。

黄色が斑(ムラ)になっていますが途中です。⇒He111制作中1223

 私が考えている冬季塗装は下のイラストの様に考えています。

 陰鬱な雰囲気のロシアの空に溶け込んだ?⇒冬のHe111-h16

 機体上面はつや消し白で良いのですが、機体下面は黒い部分が多いのですね・・・。

          果たして黒は黒で良いのか?⇒He111の機体下面塗装図

 こういう黒って何色に塗ったら良いのだろう?

 勿論、つや消し黒? 違いますね。

 タイヤの黒が黒というより濃いグレーである様に、
この機体下面色もつや消し黒そのものではありません。
ジャーマン・グレー+つや消し黒でしょうか。

 進捗状況は遅れ気味なので、このまま年末年始はHe111です。





特務曹長製作録 | 20:56:17 | Trackback(0) | Comments(0)
ハインケルHe111資料紹介
 申し遅れましたが、キットはハセガワの1/72スケールです。

 もういい加減に風邪も良くなりましたが、
帰宅して食事して直ぐ寝るという生活が暫く続いたので
全然制作は進捗していません。今回模型の写真は無しです。

 今、参照しているのは、下記の書籍です。

アエロディティール・ハインケルHe111 ハインケルHe111 (エアロ・ディテール)(1997/02)アートボックス

世界の傑作機 (No.99) ハインケル He 111世界の傑作機 (No.99) ハインケル He 111
(2003/03)


商品詳細を見る


 日本語で読める書籍としては、
〈エアロ・ディティール〉と“セカケツ”こと「世界の傑作機」です。
 いずれも写真も図面(塗装図を含む)も詳細です。

 セカケツには、
映画撮影でスペインから買い取ったCASA2111の記述があり、思わずにやり。

 また、下記の書籍は洋書で読むのは大変ですが、
特筆すべきは、He111でも旅客機タイプのC型の写真が豊富なのが嬉しいです。

He111c's BookKARL-Heinz Regant BLACK CROSS VOLUME4 Heinkel He111


 爆撃機タイプのH型を完成させた暁には、C型も造ってみたいので
資料としては「一粒で二度美味しい」ってところです。





特務曹長の資料室 | 13:26:13 | Trackback(0) | Comments(0)
続・映画に出てきたハインケルHe111
 風邪をひいてしまいました。でも休めない。辛いです

 それでも週末は模型制作しました。

下地塗装終了⇒He111製作中1213

 冬迷彩を考えておりますが、
とりあえずRLM65ライトブルー(C115)で下地塗装しました。

 機体下面色と同じですね。写真では分かりにくいですけれど・・・。


 ところで前回、映画に出てくるハインケルは、
「ハインケルにあってハインケルにあらず」という様な内容の事を書きました。

 そこで今回、証拠写真をお見せしますだ

『空軍大戦略』の一場面(CASA2111)⇒偽ハインケル

 上の写真は『空軍大戦略』(69年)の一場面です(と、いうかスチール写真?)。

           本物のHe111の写真⇒本物のハインケル

 そして上の写真は本物のハインケルHe111の写真です。
エンジンカウルの形状が違うのは一目瞭然ですね。

 以前、ある模型店で「バトル・オブ・ブリテン」キットなるものが売られていて
CASA2111とスピットファイアがセットになっていたのがありました。
 当時は食指が動かず買いませんでしたが、今思えば話の種に買っておくべきでした

 その後も幻の「バトル・オブ・ブリテン」キットを探しておりますが、
模型に詳しい方に訊いても知っている人は誰もいません。

 ひょっとして本当に幻だったのかな

師匠のW師に
「そんなにCASA2111を作りたかったら、
アブロ・ランカスターからエンジン部を移植したら?」と、言われてしまいました。

 いや、師匠それはしませんよ。






映画に出てきた飛行機 | 17:23:44 | Trackback(0) | Comments(0)
映画に出てきたハインケルHe111
 12月の第一週から今日までは、札幌から戻ってきて仕事もたまっていたので忙しく、
帰宅→夕飯→就寝という流れで、平日夜の制作が殆ど出来ませんでした。

 それでも第6工程まで進みました。

本日の進捗状況⇒He111製作中1209

 今回は、映画ネタではないのですが
ハインケルHe111(実はスペイン製CASA2111H-16)は
意外に映画出演が多いので話の種にします。

 最初に思いつくのがも、『空軍大戦略』(69年・英/原題:Battle of Britain)です。

空軍大戦略 アルティメット・エディション [DVD]空軍大戦略 アルティメット・エディション [DVD]
(2007/02/02)
ローレンス・オリビエ、他

商品詳細を見る

 内容については特に触れませんが、空戦シーンが延々続いて最後の方は疲れました。
根が枢軸国人なので、英国空軍司令部で「敵機80機撃墜!」とか言って
はしゃいでいる場面には「嘘をつくんじゃないっ!」と怒ってしまいました。

 この映画の撮影のために
制作者のハリー・サルツマン(初期の007シリーズの共同制作者)は
スペイン空軍からCASA2111を含む旧式の飛行機を50機近くもひきとり
スペイン空軍もその金で新しい飛行機を買ったとか。 
 多分、他の映画に出てくるハインケルの出所はここからだと思われます。

 もっとも、サルツマンは引き取った飛行機は撮影終了後に全部売っぱらったそうです。


 
パットン大戦車軍団 <特別編> [DVD]パットン大戦車軍団 <特別編> [DVD]
(2006/08/18)
ジョージ・C・スコット、カール・マルデン、他

商品詳細を見る

 もう一つは、『パットン戦車軍団』(70年・米)。
チュニジアでジョージ・C・スコットのパットン将軍の司令部を空襲したり、
ロンメル将軍(カール・ミヒャエル・フォーグラー)の連絡機として登場します。

 何故か2機ペアで飛んでくるのですが、
そういえば現存する稼動可能な機体も2機のみです。

 撃墜された後、丘の向こう側に飛んでいってキノコ雲が…。
戦争映画では敵機が何故かやられると、
何故か丘や林の影に見えなくなってドカーン!となります。

子供「何でぇ?」
父親「訊くだけ野暮っていうものよ(爆)。」

 戦争映画を見ていると、
ドイツの爆撃機はハインケルしかないのかと錯覚してしまいますよね。






映画に出てきた飛行機 | 07:22:45 | Trackback(0) | Comments(0)
1/72スケール ハインケルHe111h-16
 先月は、ユンカースJu52を造りましてこのblogでも御紹介致しました。

 Ju52が出てくる映画として『スターリングラード』(93年/独)を挙げさせて頂きました。

 御存知の通り独ソ戦最大の山場スターリングラードの包囲戦では
包囲網に孤立したドイツ軍をはじめとする枢軸国軍に対して
航空機による補給を行いました。
 補給に参加した輸送機は帰路、負傷兵などの搬出を行います。

 映画ではJu52でしたが、実際大活躍するのはハインケルHe111です。
Ju52→スターリングラードと調べていくうちに「へのへの111」を造りたくなりました。

冬期仕様はHe111でもH-16型です→ハセガワHe111h-16

 そんなこんなで、独軍の双発機が続いております。
 大戦機の好きな方なら皆知っている「へのへの111」ですが、
今回は大胆にも冬期仕様を組み立ててみようと思います。 






空のお話し | 11:23:07 | Trackback(0) | Comments(2)
恋の街サッポロ?好きです札幌
 11月26日~28日まで札幌に行ってきました。勿論、出張です。

札幌市営地下鉄大通り駅にて⇒札幌大通り

 でも、美味しい物はばっちり食べてきました。ははははは・・・・・

 泊まっているホテルに戻る途中地下鉄の駅の一角で上の物を発見しました。

 今回、私が乗ったのはJALでしたが、模型を見ると反応してしまうのは
血管にプラカラーが流れているからか?・・・・流れていないか

 今の時分、札幌は屋内は暖かく外は寒いので
道外人の我々が厚着していくと装脱着が大変です。

         雪の新千歳空港⇒雪の新千歳空港

 帰りは雪が降りかけていましたが、無事飛んでくれました。

 今度、旅客機も造ってみようかな





特務曹長紀行 | 09:02:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ