■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
『マッハの恐怖』を読んで
 あ゛~、8月も終わる。

 でも残暑が厳しいです。

 そもそも、ボーイング727-100を作ろうと思ったきっかけは
数年前に下記の本を読んだからでした。

マッハの恐怖 (新潮文庫)
マッハの恐怖(1986/05)柳田 邦男

 前々から読みたいと思っていましたが、
ある夏の暑い日に書店に赴いて
新潮文庫の「や」行のコーナーを見ると…あれ?無いや。

 後で既に絶版だという事を知りまして、amazon.comで購入しました。

 私が727-100を作りたいと模型の師匠W師に話すと
「お前、趣味悪いよ!」と一喝されてしまいました。

 件の書籍は、1966年2月4日に東京湾の羽田空港沖で起きた
全日空の727-100の墜落事故について書かれています。
 当時、乗員乗客133人全員が死亡した単独機として
世界最悪の事故でした。

 本の表紙がノー・イメージで残念ですが、
比較的入手も容易ですし図書館でも借りられます。

8月30日迄の727-100⇒8月30日迄の727-100

 空を愛する者の一人として、華やかな側面ばかりではなく
こういった事件にも関心を持って欲しいです。

 夏休みの読書感想文の宿題のネタに困っている方に紹介すれば
良かったかな。







特務曹長の資料室 | 22:24:01 | Trackback(0) | Comments(0)
ダッシュ100が欲しかったので
 8月は結構ネット・オークションで買い物してしまいました。

 1/144のボーイング727-100のキットをどうしても入手したくて
探し続けました。

 やった!見つけたぞ!入札だ!落札だ! 

AIRFIXのダッシュ100⇒AIRFIXの古いキット

 手に入れたのが古いエアフィックスのキットです。

 中を見ると間違いなくダッシュ100でした。嬉しいです。

 箱絵はルフトハンザです。

 他に1/120スケールのキットも売りに出ていたので
買っちゃいました。

    アリイの1/120⇒アリイの727

 は、箱絵がエアフィックスのにそっくりなんですが・・・。

中はこんな感じですが・・・⇒アリイの727(中身)

 アリイの中途半端なサイズのキットですが、
これもダッシュ100です。ウレシイデス♪

 長い間、大切に保管されていた出品者の方に敬意を表しつつ
中身を見てみました。

 なんと!操縦席の窓のクリアーパーツが無いのです。

 ですが組立説明書を読むと最初から無いみたいです。

 今後、実際に作るかどうかは別として、・・・どうしよう。

イッコーモケイの727-100⇒殆ど同じキット

 上のイッコーモケイの727-100は、アリイのキットと中身は一緒でした。

 私・特務曹長は「イッコーモケイ」(東京都足立区)という会社は、
浅学のため存じませんでした。
 他にどういうキットを出していたのでしょうか。
 ネットで調べた限り「作って遊ぶ」キットが主体だったみたいですね。

 ところで、モデリングは今苦労の最中です。

 次回こそ制作の話をしたいです。

 買物の話で時間稼ぎしていると思わない様に(実はそうなんですが)。






買っちゃったの・・・。 | 23:38:25 | Trackback(0) | Comments(0)
行っちゃったの・・・。
 どこへ?…というわけで、
「特務曹長紀行」のコーナー久々に展開です。

 8月のある日、
ついに新橋にある航空会館内の航空図書館に行ってきました。

航空会館の正面玄関⇒航空会館

 日時を明記しないのは、仕事の間に行ったからです(苦笑)。

 航空図書館は、航空会館の6階にあり
「館」というより「室」と言った方が良さそうですが、
『航空ジャーナル』の様に既に廃刊になった雑誌のバックナンバーや
航空会社の社内誌など貴重な資料がいっぱいです。

 残念なのは、検索システムが来館者には使用できないので
司書の方に「~の資料について捜しています」と言って
お尋ね致しました。

 私はボーイング727-100のA2の図面と下記の図面、
写真数点をコピーさせていただきました(有料です)。

入手した図面のうちの一枚⇒727-100の図面

 例えば、「この雑誌の何号に727の詳しい資料がある」とか
下調べしてから行った方が見付け易いと思います。

 航空図書館の司書の女性の方、男性の方
捜すのを手伝って頂き、本当に有り難うございました<(_ _)>。

航空図書館WEBサイト(↓)
http://www.aero.or.jp/koku_tosyokan/koku_toshokan.html

 次回からは模型の話に戻ります。





特務曹長紀行 | 00:11:33 | Trackback(0) | Comments(1)
やっぱ、止めた!
 え?何を?

 AIRFIXのキットに手を付ける前に、
ハセガワの1/200スケール727-200を改造して
ダッシュ100にすることにしました。

 資料は僅か数枚の写真です。

先ずは全長の調整から⇒ハセガワの1/200をカット

 実機ではダッシュ100から、6.3mストレッチされて
ダッシュ200となっておりますので、私の計算が正しければ、
模型は逆に1/200スケールで3㎝程度全長を詰めれば
ダッシュ100になると思います。 

カットし再接合が痛々しい⇒胴体を縮めました

 最初は機種の前の方でカットして終わりと高をくくっておりましたが
上の画像にある様に、
垂直尾翼と主翼の間がダッシュ100ではかなり詰まっており
機体後部で2㎝程度詰めなくてはなりませんでした。
 勿論、それだけではなく機体前方でも1㎝カットしております。

 全長としては何とかダッシュ100になりましたが、
詳しい方が御覧になると変かも知れません。

 次はエポキシパテを盛った所の硬化を待ち、ヤスリ掛けです。







特務曹長製作録 | 10:50:53 | Trackback(0) | Comments(2)
男の決断?女は衝動買い?
 昨日、仕事の用事で横浜に行きました。帰りに新橋に寄って
航空図書館に寄れればと思いましたが、新橋駅で時計を見ると
16時50分…。

 行くのを諦めました。

 どうしても、ボーイング727-100が造りたい!

 でも民間機は資料が足らないので、
ここは航空図書館に行くしかないと思ったのです。 

 え?キットは?

キットはこれです。⇒727AIRFIX1/144

AIRFIX1/144の727⇒1/144AIRFIXの727

 前回、ダッシュ200を1/200スケールで造ったので
今回は1/144で造ってみたいので、上のキットを改造の予定です。

 AIRFIXのキットは、ダッシュ100ではなく、ダッシュ200です。

 かつては他社で1/144でダッシュ100のキットもあったそうですが
現在は入手困難な様です。

 ダッシュ200を切って100にするか…、前途多難な制作の予感が…。





特務曹長独白録 | 15:30:06 | Trackback(0) | Comments(2)
【完成報告】1/200スケール ボーイング727-200全日空モヒカン塗装
 子供の頃、お絵かきをしていて
周りの大人に「なに描いているの?」と話しかけられました。

 「見せてごらん、どれどれ・・・」と描いたものをしげしげと見られ
暫し沈黙の間が、さ程でもないだろうにやたらと長く感じたものです。
 とても恥ずかしかったことがあります。

 オチとしては、
「よく描けているてるね、この猫。」
「犬なんだけれど・・・。」

 今、完成写真を載せて
「自分の絵を大人に見られている子供の心理」です。

 この夏、旅客機に初挑戦⇒完成1/200スケール727-200〔1〕

 「初めて造った」という言い訳もありますが
出来の方は如何でしょうか?

またまた反省すべき点が…⇒完成1/200スケール727-200〔2〕

 スカイブルーさんの御指南の通り、
垂直尾翼のデカールは止めましたが、
モヒカンの部分は使用しております。
 文字通りMr.カラーの34番で塗装しておりますが
デカールより少し濃い様です。

727-200の華麗なる後ろ姿?⇒完成1/200スケール727-200〔3〕

 他に、マーキングはキットのデカールを使用しておりますが
「全日空」の文字の間隔が実機の方が広い様です。
 貼ってから気付きました。

老兵は死なず、挑戦者を待つ⇒完成1/200スケール727-200〔4〕

 本当は、727-100の方を造りたかったのですが
旅客機を初めて造ることもあり、今回はストレートに造りました。

 1ヶ月1キットというblogの日程(というかノルマ)の為に
最後の方、はしょっちゃいました。

 ともかくも、旅客機制作の魅力にとりつかれました。

 また機会を設け
727-100の全日空旧塗装やコンベア880日航旧塗装、
DC-9JAS仕様など造ってみたいと思っております。






完成報告 | 00:35:08 | Trackback(0) | Comments(2)
祝・blog開設3周年♪
えー、去る8月4日をもちまして我がblogも開設3周年を迎えました。

何?3年もやっているのか!このblog!と我ながら感心します。

3年経っても何の関心も無いキャツ⇒3年経っても何の関心も無いキャツ


 4日の時点で、12,540カウントを越えましたので
12,540÷3年(730)=11.452…、つまり一日平均11名の方に
御覧頂いている勘定となります。

 ちなみに、2009年~10年8月迄の今期1年間の勘定だけですと
1日平均20カウントを越えました。

 御覧になって頂いている皆様に感謝です<(_ _)>。

 昨年、「1日平均10カウントまで上げたいなぁ~。」と書きましたので
何とか目標達成しました。

 もっと大勢の方と模型を作る楽しさを
共有(共感?)したいと思っておりますが、
私が顕示したいのは稚拙な腕ではなく
「プラモデルは楽しいぞ」という気持ちです。
勿論、純粋にもっと上手くなりたいと思います。

ボーイング727も進んでいます。⇒727本日までの進捗状況
 
 殆ど雑食系モデラーですが、
今後とも「特務曹長の三丁目こだわり劇場」を宜しくお願い致します。









ごあいさつ | 11:20:45 | Trackback(0) | Comments(1)
727-200、マーキング前夜
 もういい加減完成させたいのですが、7月末日の時点ではここ迄です。

本日迄の製作中情況⇒8月1日現在製作中727

 とりあえず、ボーイング727-200の基本塗装は終わりました。

 ここで制作上の注意ですが、私が気付いた点を申します。

 得意の挿絵(爆)で解説しようかと思いましたが
時間がないので省略します

 主脚のカバー(パーツ番号C6、C7)と車輪が干渉してしまいますので
取付注意なのと、支柱(D10)は寸法が足りません

 スカイブルーさんのHPでしたか
主脚のカバーは斜めに削り込むとございました。
早速、私も実施しました(見えない所、気付かない所ですが)

 また、上の写真で窓相当部がグレーに塗られているのは
世田谷は〈シゴーニュ〉の店長さんからのアドバイスです。
デカールが貼る際にリアルに見えるからだそうです。

 アドバイスして下さった皆様、有難う御座いましたm(_ _)m。

 次回はいよいよデカールを貼りますが、
これがまたなかなか上手くいきません…

 







特務曹長製作録 | 22:00:55 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ