■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
私的模型制作の中間回想録【上】
 アイランダーを完成させた後、急に制作意欲が低下してしまい
次なる作の制作を怠っております。

 今日はつまらない話かも知れませんが、
ここ暫く自分はどういうキットを作ってきたか系統だって反省してみますので
お付き合い下さい。


 先ず、今年の傾向と対比するべく2009年度の制作履歴を振り返ります。
(次に今年の履歴の話をします)。

 1月  ―欠番―
 2月  九七式艦上攻撃機 1/48(ハセガワ)
 3月  流星改 1/72(フジミ)
 4月  ロッキードT-33A 1/72(ハセガワ)
 4月  M38ジープ 1/35(イタレリ+インジェクション)
 5月  M38A1            1/35(スカイボウ)
 6月  M51スーパーシャーマン 1/35(アカデミー)
 7月  メッサーシュミットBf109G 1/48(アリイ)
 8月  グラマンF9Fパンサー 1/72(レベル) 
 9月  メッサーシュミットBf108 1/48(エデュアルド)
10月  ―欠番―
11月  ユンカースJu52タンテ 1/72(イタレリ)
12月  ―欠番―

 傾向としてジャンル別には、空モノが7件、陸モノが3件でした。

 スケール別ですと、1/72スケールが4件で1/48が3件、1/35も3件。

 メーカー別では、国内はハセガワが2件、フジミが1件、アリイが1件。
海外のは、アジア勢のスカイボウ(台湾)が1件、アカデミー(韓国)が1件で
欧米勢はレベル、イタレリ、エデュアルドが1件でした。

   映画に出てきたM38JEEP⇒H・フォンダとM38

09年の完成品M38JEEPを修正⇒M38修正

 その他としてインジェクションキットが1件でしたが(上の画像)、
ちなみにベースとなっているキットはイタレリのものでしたので、イタレリは+1件で2件です。

 28日の日曜日に09年度の完成品M38を実車にならって修正してみました。
 
 また、キットのアイテム別としては
日の丸が3件、独軍が3件、米軍が3件、その他1件とバランスが良く? 

 完成品が無い月が3回もあるのに4月は2件完成させていますが、
年10件が限界なのでしょうか?

 このペースで制作し続けるとして、年10件で私・特務曹長の年齢を考えて
あと30年間模型を作るとしたら、300件(箱)消化するという勘定です。

 自分のストックがどれだけあるのか勘定したことはありませんが
アクセサリー・パーツやフィギィアを除いて300箱以上キットを所有していたら
それは完全にデッドストックという事でしょうか?ちょっと怖いです。

 余り意味のない分析かも知れませんが、今度暇な時でもストックを数えてみようかな。

【つづく】  





特務曹長独白録 | 09:16:21 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】 1/72スケール ブリテン・ノーマン アイランダー
 旅の思い出に、やや感傷的な雰囲気に撮影してみましたが…。

 パンフレットと共に⇒TOKI完成〔01〕

実際の搭乗チケット⇒搭乗チケット(行き) 搭乗チケット(帰り)

 どんなでしょう?そのうちにキットを使って情景写真を撮してみたいです。

 ちなみに上の搭乗チケットは実際に私・特務曹長が使用した物です。  

完成した朱鷺(とき)⇒TOKI完成〔02〕

 実は、11月21日未明には一旦完成しておりました。
blogにアップするのに、写真撮影しているうちに何点か可笑しい部分に気付きました。 

 端折って完成させる前にここはもう一度、
修正出来るところはしようと思い直し塗装など直しています。

 制作していて気付いたのですが、今回のキットと実機では、
エンジン空気取入口や機首の形状が若干違うのが今頃分かりました。
 エンジンは、ライカミングのタイプとロールス・ロイスのと二種類ある様ですが、
実機に近づけて改造すれば良かったかな(気付くの遅すぎ)…。

 実機と若干違う形状⇒TOKI完成〔03〕

 改造も何処まですれば良いものやら…。

 他に付記する箇所としては、シニアル・ナンバーは米軍機用のデカールを流用しました。
機体側面のシニアル・ナンバーは、適当なデカールが見付からず諦めました。
 朱鷺(とき)の首筋の家がゴワゴワしている部分なんかも描ききれませんでした。

 更に、凸モールドのキットなこともあり墨入れも省略してしまいました。

 何か手を抜いてしまった話しばかりですな…

  リベット表現が繊細⇒TOKI完成〔04〕

 その他、実機では気付きませんでしたが
今回製作したAIRFIXのキットは、リベット表現の繊細でした。
 その辺のキットの良さをもう少し活かせれば良かったと思います。

 毎度反省ばかりですが、でも、作って良かったなと思わせるキットでした

  





完成報告 | 00:00:38 | Trackback(0) | Comments(0)
祝・拍手200&記事300件、達成♪
 件名の通り、少し前ですが11月4日をもちまして拍手200件を達成しました。

 拍手をクリックしてくれた皆様、本当に有り難うございます<(_ _)>。

毎度、飼主の趣味に全く関心の無いキャツ⇒拍手200達成キャット

 拍手100を達成したときもblog記事にしました。
前回は4月18日(blogアップは5月19日)なので7ヶ月近く経っております。
 拍手100を達成するのに3年近く掛かっており、かなり時間が掛かりましたが
200達成への期間は短くなっています。

 ようやく他人様に読める文章を書ける様になってきたのかなと思いましたが、
気が付けばアップした記事も300件を達成しました。

 当blogの目的は、模型造りの楽しさを語ることですが、
キット選定のバックボーン(まぁ、背景というやつ)も併せて語ってきました。
 最近は、模型造りのきっかけに関してバックボーンを語ることが多くなりました。

朱鷺(とき)塗装ほぼ終了⇒TOKI塗装ほぼ終了

 色々と語り出すときりがないので本日はこの辺に致しますが、
拍手して頂いた方、コメントして下さった方、御覧になっていただいている皆様に
感謝致します<(_ _)>。

 次回、拍手関連の記事をUPするのは1,000拍手を達成したときにしたいと思います。







ごあいさつ | 10:20:51 | Trackback(0) | Comments(2)
朱鷺(とき)は飛び発った。。。
 機体上部の塗装がどうなっているのか分からなかったのですが、
旭伸航空のパンフレットの写真で確認できました。

TOKI夢ラインのパンフ⇒TOKI夢ライン

 前回のblogで説明不足でしたが、幅の広いマスキングテープを
一旦、カッターマットに貼り〈丸描き〉という製図用の定規で曲線を描き、
カッターやハサミで「型」を切った貼ったとやって朱鷺塗装を描いてみました。

 思う様に描けなかったので、後からフリーハンドに切り替えました。

フリーハンド塗装を試す⇒フリーハンドで朱鷺塗装


 現在、制作しているアイランダーは自分で乗る機会があったからと
造りはじめましたが、「作る!」と宣言して2年が経ってしまいました。

 散々放っておいてようやくの制作ですが、最近は民間機を作り続けており、
民間機を作る楽しさを満喫しているせいもあってか
幾つかの要因(ファクター)が重なって、今回作る気になったみたいです。

 「みたい」と言うのは、
自分で意識して「これを作ろう」と手を動かしているというより
先に手が出て模型を作っているという状態だからです。

 意識よりも無意識の支配下にあるというのは、何だか深層心理、K・ユングの世界です。

 その辺、今度心理学者に訊いたみたいと思います。





特務曹長独白録 | 08:00:12 | Trackback(0) | Comments(2)
朱鷺(とき)は舞い降りた。。。
 例によって例の如く、
帰宅後→食事→就寝というパターンをという循環になってしまい
模型をいじれずです。

 朱鷺(とき)塗装の色は、
機体の白地を基本にとオレンジ(橙)色と黒で朱鷺の姿を描いています。
 オレンジ色は、Mr.カラーの赤と黄色を画像を見ながら混合、調整してみました。

 ま、こんな感じかなぁと取りあえず鳥の頭の部分を描きました。

  朱鷺(とき)塗装はじめました。⇒ときどき朱鷺塗装

 フリーハンドではなく、製図用の定規の丸描きを使用しています。

大きめの文具屋で売っています。⇒丸描き

 はみ出した塗料などを微調整しながら、鳥の羽の部分の塗装ですが
これが細かくて大変そう…。
 
 風防は未接着ですが、最後に取り付けようと思います。






ツール・ど★特務曹長 | 21:16:32 | Trackback(0) | Comments(0)
朱鷺(とき)は飛んでいく。。。
 私が乗った新潟~佐渡路線の機体は、旭伸航空で使われていた2機のうち
シニアルナンバーがJA02TYの方なので垂直尾翼は桃色に塗りました。
 ちなみにもう1機の方は、シニアルナンバーがJA5321で
垂直尾翼は水色に塗られていました。 

 シニアルナンバーはJA02TY⇒佐渡のアイランダー


      朱鷺(とき)塗装前夜⇒朱鷺塗装前夜

 
 今回は幅広のマスキングテープを用いての手書きです。

秋葉原のヨドバシカメラで購入⇒幅広マスキングテープ

 マスキングテープを適度な大きさに切り、一度カッターマットに貼った上で
テープに直接図柄を描いて切り抜くという方法をとろうかと思います。

 私はマスキングに一般の事務用セロテープを使ったこともありますが、使い勝手は今一でした。

 マスキングテープの材質は医療用の紙絆創膏に近い様ですね。

 次回こそ朱鷺(とき)塗装の公開です。






ツール・ど★特務曹長 | 00:43:32 | Trackback(0) | Comments(0)
駄洒落はともかくアイランダー
 台風が迫る横浜の〈そごう〉へ仕事で出掛けた記事を先日UPしました。

 その際見たのは全日空の展示でしたが、そういえばJAL(日本航空)はどうしているのだろう?

 先日、現役JALのCA(客室乗務員)複数が書いたとされる
『JAL崩壊』(文春新書、2010年3月・刊)を読みましたが、
その中で「全日空はロビー活動が上手い」(96頁~97頁)と書いてあり、
ふとそごう横浜店のロビーで思い出してしまいました。

書評は散々でしたが… JAL崩壊 (文春新書)JAL崩壊 (文春新書)
(2010/03/17)
日本航空・グループ2010

商品詳細を見る

 駄洒落はともかく、
こういう時期こそJALはマスコミ対策や広報活動をもっとやったら良いのに…。


 ところで、私のキットですが基本工作はほぼ完了しました。

     ほぼ完了アイランダー⇒アイランダー1105

 アイランダーは固定脚なのですが、降着装置の一部が一体成形でしたので
ホッチキスの針で作り直しました。

 機体全体を白く塗る作業をしておりますが、
ホワイトサーフェイサーをかけておいた方が良かったかなと後悔しても後の祭だ学園祭。

 次回からは、いよいよ朱鷺(とき)の塗装に着手します。






特務曹長の資料室 | 09:20:38 | Trackback(0) | Comments(2)
機首に錘(おもり)を、僕には愛を
 第二次大戦ごろからか、機体の重心が前の方になる傾向が増えた様です。

 実機がどうしてそうなったか細かい事情は存じませんが、
模型の場合、機首に錘(おもり)を入れないと尻餅をついてしまい格好が悪いです。

 モデラー諸氏としては、機首にどうやって重心をとるか思案のしどころシアン化合物。

 私・特務曹長としては鉄道模型の線路の砂利用の砂やパチンコ玉、
ミニ四駆のバラスト、鉛テープ(釣りの錘用?)等を用いておりますが、
今回のアイランダーは、下記の商品を使用しております。

粒々の鉛玉⇒機首に錘を

 アイランダーの様に機首が小さいとパチンコ玉やミニ四駆のバラストは
機首に収まらないので、粒々の鉛玉を使います。

 耳かきの様な匙(さじ)ですくってやり、流し込み型の瞬間接着剤で固定します。

 画像の商品は、今はなき新宿駅西口の某模型店で購入しました。

 先日、違う模型店でこの様な模型用の錘を探しましたが
良いのが見つかりませんでした。

 結局、この手のツールは東急ハンズなどで探すしかなさそうです。 





ツール・ど★特務曹長 | 00:19:26 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

まとめ