■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
【完成】1/35 ドイツ八輪自由装甲通信指揮車Sd.Kfz263
 なんとか7月中に完成できました

 完成した八輪重装甲通信指揮車⇒【完成】八輪重装甲通信指揮車〔1〕

 かれこれ2ヶ月間、八輪重装甲指揮車をいじっていました。

 いかにも使い込んだという車輌を作るよりも
使って暫く経った車輌を作りたいと思い、フェンダーを歪ませたり
弾痕をつけたりと言うことはしていません。 

 本当は、水筒やジェリ缶、バケツや牽引ロープといった
生活臭の漂う装備も今回、間に合わなかったので省いております。

生活臭のある装備品が少ない?⇒【完成】八輪重装甲指揮車〔2〕

 ただ、どうしてもやりたいことがありました。

   『ドイツ装輪装甲車』背表紙⇒GP別冊『ドイツ装輪装甲車』背表紙

 上の画像は、六輪装甲車の時も紹介したガリレオ出版・刊の
グランドパワー08年4月号・別冊『ドイツ装輪装甲車』の背表紙です。

 同書の86頁に同じ写真が掲載されておりますが
防弾板の前に描かれている記号を再現してみたかったのです。

 先ず、「Y」は第七機甲師団所属という意味で
向かって左の三色の旗は、上から黒、白、赤で師団司令部付きを
表しています。
 次に凸を四角で囲んだのは「通信中隊」という意味で
数字は写真の場合「2」で「第二中隊」を表しておりますが、
私の場合ほどよい大きさの数字デカールが無かったので
「3」にしました(第七機甲師団に通信中隊が三まであるか不明)。
 更に隣の三角の旗の意味は残念ながら分かりません。

第七機甲師団第三通信中隊所属⇒【完成】八輪重装甲指揮車〔3〕

 「3」と立ち上がった凸型の通信中隊マークは他キットからの流用し、
四角の升はマスキングテープを用い手描きです。
そのせいか若干太いです。
 三色の師団司令部マークも手描きです。
 Yの字、三角旗は記号の余分な箇所をスライドさせる前に
デザインナイフで切り取ったり、転写後に車体色で塗り潰したりしました。

 何とか体裁を取り繕りましたが、車輪の汚れが中途半端ですね…。

うーん、未だ修行が足りません。⇒【完成】八輪重装甲指揮車〔4〕

 灰色っぽい泥が乾いてタイヤの溝に残っているのを表現しようと
思ったら白っぽくなってしまいました(ありぃ~)。

 本当はフェンダーとかもう少し汚れていないといけないのですが…。

 
 やはり一月一箱というノルマは守りたいと思います。

 学生の試験ではありませんが
「制限時間内にどれだけやれるか」も能力だと思います。

 今回は改造キットだったとはいえ、時間が掛かりすぎました。

 また反省です…





完成報告 | 22:25:21 | Trackback(0) | Comments(2)
夏には夏の…。
飼い猫「最近、僕の写真多いね?」
特務曹長「そうかね?」

今日はカメラ目線です⇒飼い猫の写真0727

飼い猫「模型が進まないから僕の写真で誤魔化しているでしょ?」
特務曹長「そうかね?」
飼い猫「図星でしょ?」
特務曹長「うるさいな!余計な事を言うなよ!エサやらないぞ。」
飼い猫「他の人に貰うから良いよ。」
特務曹長「んじゃ、遊んでやんない。」
飼い猫「普段から遊んでくれないじゃん。
       それに僕があんたと遊んであげているんだよ!」
特務曹長「ひっぱたくぞ!」
飼い猫「ペットの虐待は法律で禁止されている!」
特務曹長「なんて法律だ?」
飼い猫「ジュネーブ協定だ。」

…と不毛な会話が続いておりますが、モデリングの話を致します。

ドライブラシ中ですが…。⇒八輪重装甲無線指揮車0727

ドライブラシは、黒鉄色を混色したジャーマングレー、ライトブルーを
混ぜたジャーマングレー、ミディアムブルーを混ぜたジャーマングレーと
3段階で行っております。

 そろそろ完成させたいところですが、もう少しドライブラシを施すか
仕上げにはいるか、ちょっとばかり悩んでおります。





飼い猫の小部屋 | 09:03:37 | Trackback(0) | Comments(0)
いぶし銀を試してみる?
 「暑いですねー」という挨拶は止めましょう

 夏なんだから。暑いのは当たり前

 そんな中、先日JR中央線に日中の時間帯に乗ったら
ひんやりと寒いのです
思わず半袖から露出した腕をさすってしまいました。

 節電節電と称して冷房の温度設定が「???」。
電車に詳しくないのですが車内の温度って運転席で調整しているの?

KY(空気が読めない)という言葉が流行りましたが、
「環境が読めない」KYではないでしょうか?

 何だか、笑点の挨拶みたいになってしまいしたが、
模型の話をしましょう

いぶし銀?八輪装甲指揮車 ⇒いぶし銀?八輪装甲指揮車

 決して美しい画像でなくて恐縮ですが
ジャーマングレーに黒鉄色を混ぜてドライブラシに用いてみました。
 金属感を出すために試してみましたが…

 八輪重装甲指揮車は1/35スケールでも結構大きいので
塗るのも大変です

 未だあと何段階かドライブラシの作業が残っています。 

 車体下部もどの様に「汚す」か考えておりません。

写真を撮られて慌てています⇒写真を撮られて慌てています

 骨休めに猫をからかって遊んでいます

 え?ちゃんと造れッて

 勿論、ビールを飲んでからね。 





飼い猫の小部屋 | 18:23:26 | Trackback(0) | Comments(2)
緊張の夏。日本の夏。
 ウォッシングを2~3回してしまいました。

 タミヤのエナメル・カラーのジャーマングレイ、フラットブラック、
フラットベースを混色し、溶剤で薄め全体にザーッと筆塗りしましたが、
つや消しが効き過ぎて白っぽくなってしまったので
フラットブラックを溶剤で薄めただけでウォッシングしなおしました。

 前にもそんな事してたな(経験則が活かされていない)。

八輪無線指揮車ウォッシング終了⇒八輪無線指揮車ウォッシング終了

 ウォッシングぐらいしただけでは面白くも何ともないのですが、
暑さのせいか、これだけの作業をしたただけで気力が減退し
何もしたくなくなってしまいましたので御勘弁を。

 こういう時は、飼い猫でもからかって遊ぼう。

太宰治風に物思いにふけるキャット⇒物思いにふけるキャット

 飼い猫は深刻な顔をして何やら物思いにふけっています。

なぁ~んだ、単に眠いだけじゃん…。⇒単に眠いだけ

 文学者の様に人生について考えているのかと思いきや、
すぐ寝てしまいました…。

 八輪重装甲車クラスになってくると、重量感が欲しいです。

 どうしたら金属独特の重量感が出るのだろう?

 これからのドライブラシでそれが出せるのか否か。






飼い猫の小部屋 | 14:39:28 | Trackback(0) | Comments(4)
暑中御見舞い申し上げます。
 件名の通り御挨拶申し上げます<(_ _)>。

 連日、暑い暑いと節電の話ですが、
弊blog御覧の皆様がこの例年と違う暑い夏を
少しでも楽しく乗り越えられる様
心よりお祈り申し上げます。

暑さに負けているキャツ⇒暑さに負けている飼猫

 私は暑いのはまだ苦になりません(寒いのは駄目なのです)。

 大汗をかいても帰宅後、
シャワーを浴びて冷たい飲み物―私は晩酌はしないのですが―を
喉に流し込む…。それが気持ちいいのですが、
それも電力有っての冷蔵だったり給湯だったりするわけで
今年は「涼しくなる喜び」は多少おあずけしなければならない様ですね。



 さて、模型の話を致しましょう。

下地塗装は終わりました⇒八輪無線指揮車下地終了

 基本は、タミヤのアクリル・カラーのジャーマングレイに
フィールド・ブルーを混色して少し青みを持たせております。

 これから、ウォッシング⇒ドライブラシといういつもの方法をとりますが、
最近この「いつもの方法」に自信が持てなくなりました。

 その辺の「問題」は、色を塗りながら。

 





ごあいさつ | 09:43:08 | Trackback(0) | Comments(4)
暑さ負けず、作り続けます(汗)。
 湿気が多いのは仕方がないので、
屋外でのサーフェイサー掛けは諦め自室で作業しました。

 ちょうど良い段ボールの空き箱を利用し、箱の中でスプレーしました。

一晩おいて取り出しました。⇒サーフェイサー掛けしました

 Sd.Kfz263は、Sd.Kfz232の回転砲塔を廃止し
無線室のスペースを広げています。
武装もMG34(7.92mm)機銃一丁と簡略されています。
 Sd.Kfz232では、車内が狭すぎて大変だったそうですが、
容易に想像がつきます。

 Sd.Kfz232からの改造なので、実車にも溶接後が残るので
模型のパーティングラインも多少残しても良さげです。

さぁ、次は塗装です。 





特務曹長製作録 | 11:05:39 | Trackback(0) | Comments(0)
祝・20,000カウント達成
 今年ほど夏の到来が恐れられた年はありますまい。
 
 何とか停電にならない様に乗り切りたいですよね。

 先ずは、出来る事からはじめたいと思います。
無駄な電力を使わない様に特務曹長も心がけております。


 それはともかく、お陰様で7月6日をもちまして
件名の通り20,000カウントを達成しました。

 弊blogを御覧になって下さった全ての方に感謝致します<(_ _)>。

2万カウント達成しても何の関心もないきゃつ⇒今日のキャット0706

 10,000カウント達成した時から、415日で20,000カウントですので
一日平均延24名の方に御覧になって頂いた勘定になります。

 暑さでぶんにょりしている飼い猫のはともかく、
これからも模型作りの楽しさをお伝えするべく
このblogを続けたいと思いますので、
改めて宜しくお願い申し上げますm(_ _)m。

 肝心な模型制作の進捗状況は牛の歩みの如く。

車体下部を養生した八輪装甲無線指揮車⇒今日の八輪装甲車0706

 取り合えずサーフェイサーがけの為に既に塗装してある車体下部を
養生しました。

 関東地方、こう湿気も多いと
いつスプレーするかタイミングを見計らっております。

 ついでにテンプレートも夏バージョンに変更してみました。





ごあいさつ | 09:28:36 | Trackback(0) | Comments(2)
使ってこそ、ディティール・アップ・パーツ!
 この「ツール・ど★特務曹長」のコーナーの「ツール」とは
道具の“Tool”であり、決して“Tour de France”の“Tour”ではありません。
こちらは旅や観光の意味でして、私の場合は単に語呂が良いから使っただけです。

 先日、友人より「外来語の意味分ってる?」というヘンな突っ込みをされてしまいましたが
どうか誤解の在りませぬ様…。あくまで駄洒落ですから。

 今回は、Lion Roarのディティール・アップ・パーツを使用しました。

Lion Roarのパーツ⇒金属製ポール

 前作の六輪装甲車の時にディティール・アップせんとヤフオクで購入したら
八輪装甲車用だったのです。

 私はさほどこの手のディティール・アップ・パーツをストックしておりませんが、
使われないディティール・アップ・パーツこそ宝の持ち腐れ。
 今度の八輪装甲車制作の遠因になったかもしれません。

 さて、制作の進捗状況ですが、ようやくアンテナも組み立てまして、
塗装の便宜上取り付けないパーツを除いて制作は完了しました。

本日迄の進捗状況⇒八輪装甲車0702

 正直、アンテナは組み立て辛かったです(もう二度とやりたく無いです)。

 亜鉛の合金なのかグニャグニャと曲がります。

 車体前方の機銃は、レジン製改造パーツにも用意されていますが
タミヤの独軍武器セットのMG34の銃身を使用しておます。

 真鍮製の車幅表示ポールを使用したぐらいで、他にこれという改造はしておりませんが
資料としては、六輪装甲車の時に参考にした
グランドパワー別冊『ドイツ装輪装甲車』(ガリレオ出版2008年3月・刊)が
今回もたいへん参考になりました。

 この後はサーフェイサー掛けをして、塗装に入ります。
 





ツール・ど★特務曹長 | 00:16:56 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

まとめ