プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

YB-49の記録映像

 映画は目の錯覚を利用して作られることがあります。

 『宇宙戦争』(53年・米)では、YB-49の記録映像と俳優たちが演技する地上とのやりとりとが
交互に織り交ぜて使用され視聴者には違和感が感じられません。

 では、一部画像を見てみましょう

離陸するYB-49⇒記録映画YB-49〔1〕

 こうして視るとYB-49はなかなか格好良いです。

雲の中のYB-49⇒記録映画YB-49〔2〕

 実は、俳優たちとYB-49が一緒に写っている場面は全くありません。

 しかも、劇中ではYB-49が原爆を投下する場面はありません。

   どっか~ん!⇒原子爆弾爆発

 爆音が聞こえて、いきなり原爆が破裂しますが、
既に視聴者はYB-49が爆弾を落としたものと錯覚(思いこみ)しています。

 映像のトリックとも言えますが、見事な演出です。

びくともしません!⇒びくともしないウォー・マシーン

 ところで、火星人のウォー・マシーンは何ともありません。

 既に感情移入している観客は、登場人物と同じ様に絶望感にひたります。

 さて、私のYB-49ですが基本工作はほぼ完了したものの
塗装は完全に終わっておらず、当然にクリアーパーツの装着も墨入れも未だです。

本日迄の進捗状況⇒尻餅をつかないYB-49

 完成までまで少し!もうチョイ!なんですけれど…

備えあれば千円預金

 あっ!財布に千円しかない…。お金おろさなきゃ。

 そんな時、社会人なら銀行のCDで2~3万円位おろすのではないでしょうか?

 例えば、2万円おろしたとして(先述の場合)財布の中は2万1千円になりますが、
端数の千円を使っていない銀行口座に入金することにしました。

 名付けて「千円預金」ですが、私・特務曹長は昨年の秋から実施致しております。

 大した試みではありませんが、先ずは無駄な出費を抑えたい事と
1万円以上するキットを購入する資金にしたいと思い始めてみました。

 意外や意外、残高1万円は直ぐに達成出来ました。
 
 年を越えて1月に入ると数万円になって喜んでいたある日、
「特務曹長さん、税金払って下さい」と役所から通知が来まして
私の「千円預金」はその支払い(何の税金かは割愛しますけれど)に充てられたのでした。

 模型と書籍は店頭にある内購入しないと、あとで入手が困難になることが多いのです。

(↓)例えばこんな。
ドイツ装甲列車編成BP-42/対空砲車 (1/35) (01511)ドイツ装甲列車編成BP-42/対空砲車 (1/35) (01511)
(2010/09/25)
トランペッター

商品詳細を見る

 備えあれば何とやら。
貯金そのものの意味は趣味の軍資金ばかりでなく「いざというときに」。

 特務曹長は、めげずにまた「千円預金」を続けております。

尻餅、きり餅、羽二重餅。

 ふと、気付きましたが第二次大戦の中後半から、
米軍機は前重心になっていたと思い出しました。

 模型では、前重心の対策をとらないと尻餅をついてしまうので
YB-49にも錘(おもり)を入れる必要が出てきました。

 本当に必要なのか否か?
組み立ててしまってからでは手遅れになります。

 あ!その前に仮組みをすれば良いのか!…と独り納得

 厳密に言うと「仮組み」ではなく
工程一部を接着しない「部分仮組み」なのですけれどね。

んで、やってみました。⇒今日のYB-49フライング・ウィング0118

 その結果は上の画像の通りです。

 見事に尻餅をつきました

 あちゃちゃちゃちゃちゃちゃちゃ…

 皆さん、YB-49を制作するときはバラストをお忘れ無く

 仕方がない。今日は制作はこの位にして
もらった羽二重餅でも食べて寝よう

この組説もアバウトだった…とは言わないでね。

 寒いですね~。

 「当たり前だろ!冬だもん。」とは言わないでね。

 私・特務曹長は寒いのが苦手なのであります。

 そんな夜は、早めに帰宅して模型制作でも致しましょう。

 んでもって、製作中のドラゴンのYB-49“フライング・ウイング”ですが
組説に誤りがあったので、載せちゃいます。 

YB-49組説(工程1)⇒YB-49組説(工程1)

 「お前は嫌な奴だな」とは言わないで下さいね。

 先ず、向かって右側の赤丸に御注目。

 機体後部座席のC8のパーツが操縦桿(?)の様になっていますが
これはC15のパーツで番号が違います。

 C8の番号は、コクピットの計器パネルのパーツであり、
組説のままですとC22のパーツと一体の様になっていますが、違います。
 独立した部品です。

 次の工程に進めばまた何か出てくるかも知れませんが
そういえば、マーキングの指示(デカールの貼り位置)について全く何もありません。

そして本日迄の進捗状況⇒今日のYB-49(1月14日)


 箱絵でも参照にしろという事でしょうか?

成人式を過ぎれば…。

 お星様が降ってくると思われる寒い夜空の下、
お隣さんが洗濯物をベランダに干していないことを確認して
拙宅のベランダでラッカー系の銀色を吹きました。

銀色に塗られたのフライング・ウィング⇒銀色のYB-49

 YB-49こと“フライング・ウィング”のキットといえば
かつてAMT社から出ていましたが暫く店頭で見かけることもなく再販を待ちわびました。
 現在は、イタレリから再販(中身はAMT)されて比較的入手も容易です。

イタレリの1/72スケールYB-49⇒1/72イタレリのYB-49


 ナナニイにしてもでかい。現物はとてつもなくでかいのでしょうね。

 エニグラドというマイナー機&レジンのメーカーから1/144スケールの発売がありますが
ここは何処かのメーカーでインジェクションでやって欲しいです。

 最後に毎年恒例「成人式を過ぎれば、あなたもメトロン星人。」お粗末様でした~。

火星人が攻めてくるぞぉ~!?

 この「SFと特撮」のコーナーでは、ゴジラ映画と『宇宙戦艦ヤマト』の話が多いですが、
今回は海外のSF映画をご紹介します。

宇宙戦争 [DVD]宇宙戦争 [DVD]
(2005/08/19)
ジーン・バリー、アン・ロビンス 他

商品詳細を見る

 原作は、H・G・ウェルズの小説ですが、近年トム・クルーズ主演でリメイクされました。

 もとは、ジーン・バリー主演のこの映画なのですよ。この映画あってのリメイクです。

 何でも「3」という数が好きな火星人ですが、
リメイクでも再現された納屋に降りてくる場面は、
最初に見たとき(小学校低学年でしたが)とても怖かったです。

 火星人には、地球の武器はいっさい通用しません。

 人類(殆ど米国)は思い切って原爆を使用しますが、
その原爆投下機がノースロップ社で開発されたYB-49“フライング・ウィング”です。

 劇中のYB-49の登場場面は、記録映像が使用されています。

 近未来調のスタイリングがSFチックで良かったのでしょうか?
実際のYB-49は、は原爆は搭載できなかったとか。

 結局、試作機として終わりましたがステルス爆撃機B-2の原型とも言える機体でした。

ドラゴンのYB-49⇒ドラゴンのYB-49

 ドラゴンからキットが発売されたこともあり、ここは大胆に模型化してみます。

迎春…。

 一応、喪中です

 去年は大変な年でしたから、今年は良い一年になると良いですね

 …と、正月早々、関東地方では地震が

 甘い物が食べたいと思ったので、奮発してケーキでもと思い
ターミナルまで出かけようと最寄りの駅に向かったら電車が止まっていました。
 仕方ないので、近所のコンビニで菓子類を買って帰宅したら電車の音が…。
ちなみに、私の家の側には線路があるのです。

どれから造ろうかな…。⇒模型の山

 私の短い正月休みは模型三昧です

 でも、明日から仕事です。もう少し休みたいよ。 

| ホーム |


 BLOG TOP