■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ありすぎる選択肢
 制作状況は御覧の通りで全然進んでいません。

本日までの進捗状況⇒38(t)戦車0531

 正直、マケット社のキットを選択した事に後悔しています。

 1/35スケールに限ってですが
私は他にトライスターの38(t)戦車を所有しておりました。
パーツ数が多かったので、安易な道を選択してしまいました。

 トライスターの38(t)⇒トライスターの38(t)戦車

 画像はE/F型ですが、トライスターからはG型(かつてはB型)も出ています。

 トランペッターからは、E/F型のラインナップです。
私は所有しておりませんが、いつか買いたいですね。お値段も手頃です。

1/35 大戦時戦闘車両シリーズ ドイツ軍 プラガ38(t)軽戦車 E/F型1/35 大戦時戦闘車両シリーズ ドイツ軍 プラガ38(t)軽戦車 E/F型
(2011/06/15)
トランペッター

商品詳細を見る


 続いて、イタレリのキットでF型ですがこれは往年のキットですね。
下の画像はパッケージがリニューアルですが、内容も少し違うのでしょうか?
 私が始めて購入した外国製キットでしたから感慨深いです。

タミヤ イタレリ 1/35 ミリタリーシリーズ 6489 ドイツ 戦車 38(t) F型 38489タミヤ イタレリ 1/35 ミリタリーシリーズ 6489 ドイツ 戦車 38(t) F型 38489
(2011/08/27)
タミヤ

商品詳細を見る


 他に、ドラゴンからはE/F型とG型が出ています。値段は4,000円程度です。

 現在私が制作しているマケット社の38(t)戦車は2,000円台で売られていた様です。
且つ、他社にはないA-D型も売られていたみたいですから、模型屋さんの店頭で見たら即買いです。

 トライスターとドラゴン、マケットはAmazon.comから画像を引っ張ろうと思いましたが
見当たりませんでした。

 改めて調べてみると、プラガ38(t)戦車はキットに恵まれていますね!

 全部買って造り比べられたら…う~ん時間と費用が…







キットで満足♪ | 22:18:21 | Trackback(0) | Comments(3)
モデラーの良心いずこに?
 物事の原因は全て自分にある…何処かで聞いた言葉です。

 前回、私は2つの選択肢を自ら提示しました。

〔1〕どうせ見えなく箇所なのでそのまま無視して次に行く。
〔2〕出来るだけ「それらしく」造る。

 結局、〔1〕を選択する事としました。

その結果、内部はこれ位に⇒内部はこれ位に

 完成を急がせたいという気持ちもありますが
それだけではありません。

 トランスミッションの正位置では、シャフトの長さが足りないのですが
トランスミッションが大きくて車体上部のパーツの蓋が閉められなくなるのです。

 明らかに設計ミスですが、キットを選択したのも自分です…。

 今回は安易な解決策を採りたいと思います。

 






特務曹長製作録 | 23:07:49 | Trackback(0) | Comments(0)
札幌に行ってきました
 件名の通り出張で1泊2日で行ってきました

ある日の札幌⇒ある日の札幌

 新千歳空港をに下りてから電車で札幌に向かう途中、
千歳でF-15が着陸して来るのを2回見ました。
 電車の中からだと音も聞こえないのが残念です

 札幌は何度も行っているのに、初めてF-15の着陸を見ました

 生憎写真はありませんが、やはり戦う道具は美しい

 次はF-15を造ろうかな

古いハセガワのイーグル⇒古いハセガワのイーグル

 でも小生が所有するキット、昔のなので凸モールドなんですよ






特務曹長紀行 | 14:30:17 | Trackback(0) | Comments(0)
アワンホビーの悪夢再び
 マケット社のキットは、以前T-34/85を造ったことがあります。

 細かい事は忘れましたが、良いキットだったと思います。

 今も拙宅の何処かにしまってあるはずですが

 面を組み合わせて立体化させるのは、
旧ソ連・東欧のキットによくあるパターンです。

   38(t)G型の内部⇒38(t)内部〔1〕

 工程〔1〕で何の疑問も抱かずに作り上げます。

トランスミッションです。⇒トランスミッション

 工程〔2〕ではドライバー席などの組み立てなのですが、
後回しにして、工程〔3〕の仮組をしてみます。

 上の画像のトランスミッションを組み合わせてみました。
 
組み合わせてみると…⇒38(t)内部〔2〕

 一目瞭然ですね

 シャフトの寸法が足りません

 また、前輪(駆動輪)とトランスミッションとの軸が連動しないのです…

 内部の再現を試みる野心的なキットですが、これじゃあ駄目じゃん

 さて、どうフォローするか?選択肢は2つ

〔1〕どうせ見えなく箇所なのでそのまま無視して次に行く。
〔2〕出来るだけ「それらしく」造る。
 
 さぁ、どうする特務曹長





特務曹長製作録 | 21:39:00 | Trackback(0) | Comments(0)
1/35スケール 38(t)戦車 G型
 GWも後半ですが、皆さん如何お過ごしでしょうか?

 私は5月4日だけ休みました。それでも仕事の電話が掛かってきます。

 Ju87D-5の完成に時間が掛かってしまったので
次をどれだけの時間で仕上げられるか心配なのですが、先ずは手を動かしたいと思います。

今回はこちらを制作します⇒候補②プラガ38(t)戦車

 今回選択したのは、俗に“プラガ”38(t)戦車といわれる本車輌ですが、
ドイツ軍の正式名称は、Pz.kpfw.38(t)でもともとチェコ製の戦車です。

 第二次大戦の初期に活躍しました。

 私は、昨年制作したルノーR35歩兵戦車やプラガ38(t)の様な
母国用というよりもドイツ軍で活躍した車輌に妙に惹かれます。 

 ドイツ製ではないのに、妙にドイツっぽい雰囲気はなぜでしょう?

 その辺りを調べながら制作したいと思います。


 





陸のお話し | 20:31:43 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ