プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

コメットさん?

 大場久美子じゃないよ(古い)。え?九重佑三子?もっと古いって。

そうじゃなくて⇒AIRFIXのコメット

 前から欲しいと思っていたのですが
なかなか購入することのできなかったAIRFIXのデ・ハビランド DH.106コメットです。

 ヤフオクで落としました。今回も競争者無し。

 落札価格は、金1,800円也。

 この話を師匠のW師にしたところ「高~っ!」。

 現在、絶版ですが師曰く「そのうち待ってれば再販されるよ」とのこと。

 そうかなぁ~。高い買い物したかなぁ。でも欲しかったから良しとしよう

くまモンと徒然なるままに。

 今年最後の出張に熊本に行って来ました。

 熊本の飛行場で少し時間があったのでお昼を食べ、展望台に行ってみました。

  ボーイング787に遭遇⇒熊本の787

 鹿児島に引き続き、787に遭遇しました。
 立派なカメラで飛行機の写真を撮っているオジサンがいました。

熊本と言ったらこれでしょう⇒くまモングッズ販売所

 お待ちしているそうです。⇒熊本といえば


 モデリングは全然進んでいませんが、気づいたことを一つ。

 久し振りにタミヤのアクリルカラーを使用しておりますが
何故か使いづらくていけません。

新旧混在のアクリル塗料の瓶⇒アクリル塗料の瓶
 
 AFV系は、ウォッシングも考えると
下地はアクリルカラーで良いと思ったのですが…。

 アクリルカラーも長い間使用しないでいると分離が進み
琥珀色の上澄み液と塗料本来の色とに分離します。

 以前、この琥珀色の上澄み液を集めて溶剤の替りにしようとしたら
溶いた塗料がいつまで経っても乾かないという現象がありました。

 またある時、乾ききってひび割れしたアクリルカラーに溶剤をかけて
溶かそうと試み筆でこすって促したところ、溶剤が桃色に変色するだけで
乾燥した塗料の塊はビクともしませんでした。

 今回、使いづらく感じるのは経年変化や管理の悪さがあるのや知れません。

 塗料をきちんと管理できて使いこなして一人前のモデラーという事なのでしょうか。

私もプラモデルを作りたかった。でも父が許さなかった。

 タミヤのキットは、やっぱり良いですね~。

 何だか我が家に帰ってきたみたいでホッとします。

車体の内部を制作⇒M8装甲車1118

 車体内部は、組説では白を指定していますが
ライトグレイにフラットホワイトを混ぜて、更に白っぽい灰色にして塗装しました。 


 そんな中、週末に『英国王のスピーチ』(2010年、英・豪)を見ながら制作しました。

 模型と直接関係ありませんが、映画について少し触れさせていただくと
第二次大戦が始まるまでの時期で、吃音に悩む英国王と言語療法士のお話です。

英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]英国王のスピーチ コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
(2011/09/02)
コリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ 他

商品詳細を見る

 余談ですが、劇中、兄王のエドワード8世がタイガーモスを操縦して現れます。

 また、言語療法士のライオネルのもとを主人公のジョージ6世が訪ねてきますが
ライオネルの息子の作りかけのプラモデルを見て
「カーチス複葉機だね・・・。私もプラモデルを作りたかった。でも父が許さなかった。」
という場面があります。

 ライオネルは国王に試しに模型を接着する事を勧めます。
国王はライオネルの息子を気遣い「息子さん、気を悪くしない?」と言うのですが、
国王の人柄がそれとなく分かり良い場面となっています。
良い作品です。是非一度ご覧下さい。
 

立川防空祭と模型製作

 仕事以外どこにも行けない特務曹長に代わり
我が友・通信班長が11月11日開催の立川の防空祭に行って来ました。

 またまた画像をお願いしたところ、
消防のAS332L1スペルプーマを撮してくれました。

これがその写真⇒消防のAS332

 赤地に白帯が格好良いですね。

 ちなみにAS332系統のキットとしては
はイタレリ(レベル)、エレールからラインナップがあります。
 数年前に消防のヘリはドーファンを作ったので、近々挑戦したいアイテムでもあります。

 もう一機は、警視庁のシコルスキーS92でした。

2011年より配備⇒警視庁のS92

 かなり胴体が長い印象です。残念ながらキット化はされていません。

 さて、私の模型制作の方はとりあえずビール・・・じゃなくて
タミヤのM8装甲車を造ってみることにしました。

先ずは足回りからの制作⇒M8装甲車1110


 一晩でこれだけ進みました。

 塗装しながらの制作ですが、ODにダークグリーンを混ぜてみました。

次は何を造ろうかな…?

 今年もあと二ヶ月をきりました。

 今回、手をつけるので今年最後の作品となるやも知れません。

 空で行くか山・・・じゃなかった陸で行くか?

 候補は下の二点。
  やっぱり信頼と実績のタミヤ⇒タミヤM8グレイハウンド


プラッツのキットは中身は竜か?⇒プラッツT-33

 そろそろ日の丸の付いた飛行機も造りたくなったし
1/35のAFVも捨てがたい。

 いずれにせよ、
わ、私はもう旧東側のキットに疲れました。

| ホーム |


 BLOG TOP