■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
地味ですが出ています、M41。
 M41が出てくる映画といえば、思いつくところでは『パットン大戦車軍団』(70年・米)。
カセリーヌ峠の戦いで独軍(タイガー?)役のM48と打ち合っていましたが
M41もM48もロケ地のスペイン軍の車輌です。

 スペイン・ロケは『バルジ大作戦』(65年・米)以来の伝統でしょうか?

 人件費が安かったのとフランコ政権末期の外貨獲得の為らしいです。

パットン大戦車軍団 (特別編) [DVD]パットン大戦車軍団 (特別編) [DVD]
(2010/08/04)
ジョージ・C・スコット、カール・マルデン 他

商品詳細を見る

 他に思いつくところでは、テレビ『コンバット』(62~67年)のドイツ軍戦車役で
役どころとしては、Ⅳ号戦車あたりでしょうか。
 自軍の役でもスペシャル版の「丘は血で染まった」等に出て来ました。

映画『パットン戦車軍団』のM41⇒『パットン戦車軍団』のM41

 戦後が舞台の作品では『地獄の黙示録』(79年・米)に出ているそうですが
私は覚えていません。

 同様に東宝の特撮映画でもM4A3E8やM24に比べると
まるで影が薄く『海底軍艦』(63年)や『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』(66年)に
実写フィルムが出ているらしいのですが
私・特務曹長が(映画は見たけれど)未確認なのと
やはり東宝お得意のミニチュアによる怪獣との対峙が無いのでは
まるで印象に残りません。

 台湾やタイでは今でも現役のM41ですが、映画出演は華々しくありません。

 結構地味なのだにゃ~。
こちらも地道に作業しています。⇒M41塗装中0228






映画に出てきたAFV | 00:53:48 | Trackback(0) | Comments(0)
ドーン!ガーン!ゲーッ!キットで不満足
 ここいらで小休止!

 最近、某模型店のWEBサイトやアマゾンドットコムで
AFVクラブの新品を見ていたら…。

 どーん!じゃなくてガーン!

(↓)こちらの新商品を見てびっくり。
1/35 Sd.Kfz263 8輪装甲無線車1/35 Sd.Kfz263 8輪装甲無線車
(2013/02/20)
AFVクラブ

商品詳細を見る


 ゲーッ!私が改造パーツを用いて苦労して制作したSd.Kfz263が
発売されてしまいます。
 そりゃないぜ、セニォール!(ケーシー高峰かっつーの!)

 私の一夏の苦労が…インジェクションキットの発売で…。

特務曹長改造のSd.Kfz263⇒【完成】八輪重装甲指揮車〔3〕(タミヤSd.Kfz232改造)11年7月完成

 まぁ、今はどんどん新製品が発売されていきますから、
レジンの塊のフルキットや改造パーツは持っている意義が薄れてしまいます。

 世の中そんなものだ。

 泣くな、鴬、平安京。でも、ちょっと悲しい。







キットで満足♪ | 09:54:35 | Trackback(0) | Comments(2)
きゃっと驚く、キャンバスだ。
 工作自体は、かなり進んで来ました。

 車体の塗装と履帯の装着が未だですが、
ここである商品を入手したので御紹介します。

別売りカバーパーツです⇒M41軽戦車用防盾カバーパーツ


 この時期の米軍の戦車は、
防盾にキャンバス地のカバーを装着しています。

 モデラーの多くは、パテやティシュペーパー等で細工し
この防盾カバーを再現しますが、かつてタミヤのM41の組説では
パーツの入っていたポリ袋で再現する様に指示がありました。

 果たしてどうやって塗装しろというのでしょう?

 さて今回、私は面倒臭さを感じていたので
たまたま売っていた別売りパーツを買ってしまいました。

 しかし開けてびっくりです。

 ゴム製なのですよ、これ。

 マズルブレーキを装着する前にズボスボっと
子供にセーターを着せる様にぐいっと引っ張ります。

 まあ、そうすると下の画像の様になります。

砲身はアルミ製です。⇒今日のM41(0215)


 普通にプラのパーツに出来なかったのだろうか?






買っちゃったの・・・。 | 22:27:09 | Trackback(0) | Comments(0)
自衛隊の戦車の色は何色?
 折角装着した履帯ですが、一旦外し車体下部を塗装しておきます。

 いつもの「作りながら、塗りながら」の作業です。

 最初、アクリルで下地と思ったのですが
タミヤカラースプレーの自衛隊OD色を使うことにしました。

 週末しか作業ができないので、スプレーの方が効率が良いと思いました。

タミヤ・スプレーはラッカー系です。⇒タミヤ・スプレー自衛隊OD色

 自衛隊のオリーブドラブ(OD)色は、米軍のOD色とは少し違っています。

 私・特務曹長も何度も陸上自衛隊の見学をいたしましたが、
タミヤ・カラーでいうと、独軍の軍服の色のフィールドグレーに似ている様にも思えました。

 更に雨に濡れたりすると、濃いグレーに見えたりもするのですから、色は不思議です。
 
転輪は未だ塗装していませんが…。⇒M41車体下部塗装

 帰宅後、ベランダに出てお隣さんが洗濯物を干していないか確認してから
スプレーを吹く作業です

 東京地方、ここのところとっても良い天気ですが、それにしても寒い


 





特務曹長製作録 | 21:10:21 | Trackback(0) | Comments(0)
暦の上では春になりましたねー。
 寒いのが嫌いな特務曹長としては
次第に暖かくなる日差しが有り難いです。

 天気のいい日は猫ではありませんが陽溜まりがぽかぽか。

 さて、前回の記事で履帯を繋いだ画像を掲載しましたが
今日は車体に装着してみました。

未だ接着はしていません。⇒履帯を仮装着したM41

 M41の履帯はたるみがなくピーンと張っています。

 その辺りは、『グランドパワー』の2010年4月号に
陸上自衛隊仕様の写真が多数掲載されているので確認しました。

特集はM41軽戦車シリーズ⇒グランドパワー2010年4月号

 この本によると陸上自衛隊に貸与されたM41は
殆どがA1だそうですが、キットはA2なのですけれども・・・。

 残念ながら図面はありません(あったら更に良かったです)。

 他に資料として入手し易いのは
スコードロン社のウォークアラウンド・シリーズがある様です。

 とりあえず履帯は仮組みの状態で接着はしていませんが、
車体下部の制作は一段落しました。

 問題はゴムパッドの装着ですが、それは後回しです。





特務曹長の資料室 | 14:13:48 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ