■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
米海軍厚木基地『日米親善春まつり2013』見学
 連休の初日、出掛けると天気が悪いというジンクスを跳ね返し
我が竹馬の友・通信班長と厚木基地まで行って来ました。

 米海軍厚木航空施設「日米親善春まつり2013」見学です。

 絶好の行楽日和でしたが、しかーし!
1030ごろに厚木基地正門に着いたものの、何と長~い行列。

 行列の最後尾に向かうのに1kg以上歩く破目になり
且つ入場まで2時間です。
 でも、通信班長と雑談していたら2時間はすぐでしたけど…。

SH-60Kと特務曹長⇒特務曹長とSH-60K

 何やら色々アトラクションとかやっていましたが、目指すは滑走路!

 時より聞こえてくる轟音にときめいてしまいます。

 F/A-18E/Fはどこだ!?

 その前に日本が開発したP-1など海自の機体も展示してありました。

日本の誇る最新鋭P-1⇒川崎P-1

 美しい機体でした。日本の誇る技術です。

 他にP-3Cや退役間近のYS-11、SH-60等を見学しました。

 今迄の基地祭と違い間近で見られてしかも触れました。
ド派手なF/A-18E/Fの展示機にもベタベタ触ってしまいました。

 実機にお触りしてはしゃいでいると
轟音とともにF/A-18E/Fが帰って来ました。

帰ってきたぞ、スズメ蜂!⇒F/A-18Fスーパーホーネット

 私のカメラはオリンパスの易いやつですから連射は不能ですが
周りのファン(というかマニア)の人たちは高性能の一眼レフでバシャバシャ撮っていました。

 ゴーアラウンド、タッチアンドゴー!青々とした空に舞うホーネット!嗚呼、戦う道具は美しい。

 こうして平和裏に基地祭に来られるのが幸せなのかも知れません。

 飛行機を見て満足したらお腹がすいた。

 増槽タンクのラックを背にして基地祭名物の焼きそばを食べていると
どう見ても飛行機に興味を持っているとは思えないギャルっぽい娘さんが
「これって爆弾ですか?」と訊いてきました。

 ハハハ…、違いますよ。

 ところで、歴女は定着したけれどミリ女って居るのかな?

 帰りは横浜に出てまたまた一杯。

 最近、出かける話が多く実物を見る機会が多いけれど、次は何を作ろうかな…。






特務曹長紀行 | 00:35:30 | Trackback(0) | Comments(4)
動く零戦を見て来ました。
 どうも私が出かける時は天候が悪いです。

 去る4月20日は、午前中で仕事は切り上げて
竹馬の友・通信班長と埼玉県所沢市にある「所沢航空発祥記念館」に行って来ました。

 東京地方、この日は花冷えどころか寒の戻りで真冬並みの寒さとか。
 久し振りに通信班長とあったので
電車の中で色々話していたら、気がつくと所沢を過ぎて航空公園駅へ。

 駅前のにYS-11がお出迎えです。

 この日は偶然にも内部公開していました。

 公園の敷地はだだっ広く、運動場や図書館等の施設も隣接しており
何となくこっちの方角かなと歩いて行くと「航空発祥記念館」に着きます。

所沢航空発祥記念館のパンフ⇒所沢航空発祥記念館

 入場料は特別展示を見学するので1,000円でした。
もう+αで映像館も見られるということでしたが、
やっていたのは何故かピカチュウだったので止めました。

 私も通信班長も飛行機には人並み以上に興味があるので
一般展示もそこそこ楽しめました。 

零戦の前でニコニコ記念撮影⇒特務曹長と零戦

 一般展示を見学しつつ、いざ零戦を見学しました。

 鹿屋で錦江湾に沈んでいてレストアされた(静体保存ですが)零戦を
見ているので、動かないとこんなものかなぁと思ってしまいます。

 でも、オリジナルのエンジンで動く、
且つ飛べるのはこの機体だけなのです。

 構図に恵まれず上から撮影⇒上から見た零戦

 この機体はサイパン島で捕獲されたそうですが、
その時の経緯や現在もアメリカの博物館所蔵で
唯一飛べる機体である事をもっと強調する展示にすれば
もっと良かったのに…と思いました。

 色々な方の苦労でこうして現存しているのですから…。

 夕方、国分寺駅まで出て地元の飲み屋さんで一杯やって帰りました。

 その後、通信班長は新宿に出で『ヤマト』を観たそうですが
私はたった2合の清酒で酔っ払ってしまい、居酒屋に帽子を忘れました…。







特務曹長紀行 | 13:19:21 | Trackback(0) | Comments(0)
【完成報告】 1/35スケール M41“ウォーカー・ブルドック”軽戦車 陸自仕様
 やっことさ完成です。

 いつまでもドライブラシしていても切りが無いので
週末の13日(土)は久し振りの全日休業とし、
翌14日(日)も何とか時間がとれたので強引に完成です。

今回も達成感が無い…。⇒完成M41〔1〕

 しかしながら、達成感がありません。

 工作面での留意点は、特にありません。
 別売りのアフターパーツで履帯と防盾カバーを使用しました。
自分で言うのも何ですが、上手く活用できたと思っております。
 これらのアフターパーツは買って損はありませんでした。

 組説は、結構アバウトでした。タミヤの用な緻密さはありません。

 且つ、「日本国自衛隊仕様」はフェンダー等の一部がエッチングパーツ化しており
組説が充分でなかったので、グランドパワー等の資料は参考になりました。

フェンダーの一部は追加自作⇒完成M41〔2〕

 塗装面では、以前にも書きましたが
ラッカー系の下地にエナメルでウォッシング、アクリルでドライブラシとしました。

 「昭和の自衛隊」を意識してのOD色は、
グンゼの自衛隊カラーとタミヤの陸上自衛隊OD色を使用しました。
 他にエッジを引き立たせるために
本来ドイツ軍の軍服色であるフィールドグレー等も用いてみました。

 フィールドグレーは意外に違和感はありません。

昭和の自衛隊を意識して制作⇒完成M41〔3〕

 マーキングは、富士教導団仕様としました。

 私はどうしても「昭和の自衛隊」は車台番号を黄色でやりたいと思いました。

 そして日章旗。キット付属のデカールの日の丸は、円が小さすぎたので
赤い丸だけ他キットからの流用です。

 あるデザイナーさんの話ですと
国旗は縦2:横3で日の丸の直径は縦の5分の3だそうです。

日章旗が似合うM41軽戦車⇒完成M41〔4〕

 こうして見ると、車体の割合には砲塔が大きいM41です。
戦後初の国産戦車61式はM41足回りとかよく似ていますが、
砲塔はずんぐりとしていました。
 砲塔のスタイルに関しては、61式より後の74式に
影響を与えたのではないかと勝手に思ったりもしています。

 名称は、朝鮮戦争で交通事故死したW・H・ウォーカー中将の名に因んでいますが
中将がブルドックに似ていたから、“ウォーカーブルドック”となりました。
 日本では昭和30年代の後半から米国の貸与を受け昭和58(1983)年迄使用されました。

 それにしても完成まで3ヶ月も掛かってしまいました…。





完成報告 | 23:11:08 | Trackback(0) | Comments(2)
ある模型店の閉店。
 強風と雨の4月6日、昨年奄美大島に行った時お世話になった方が
上京したので荻窪でお会いしました。
 息子さんが東京の学校に進学され西荻窪に下宿が決まったので
見に来たそうです。

 土日の西荻窪は快速電車も停まらなくて寂しい(失礼!)ので
隣の荻窪駅まで御足労頂きました。

 私の良くない癖で待ち合わせに早く着きすぎてしまうので
久し振りに荻窪に来たことだし、
駅前のタウンセブンビルの喜屋ホビーさんに寄りました。

 売り場面積はだいぶ狭まったのは知っておりましたが
品揃えが寂しくなっていたので「閉店でもするのだろうか?」と
危惧してしまいました。

その時買った1/35スケールWC54⇒WC54アンビュランスカー

 その日は奄美大島の方と息子さん達と呑み楽しく過ごしましたが
後日、本当に喜屋ホビーさんが閉店することを知り驚きました。

 では、私・特務曹長はどれだけ売上に貢献したのかと言えば
反論出来ませんが
中央線の沿線の模型店は減る一方だなぁと溜息が出ました。

 喜屋さん、長い間お疲れ様でした。

 今では家電の量販店、WEB通販で国内外の主要メーカーの商品が
定価より安く購入できるので、
街の模型屋さんは経営が大変だと伺っております。

 ネット上で喜屋さんの閉店関していろいろな方がコメントしていらしたですが
モデラーの端くれとして出来るのは「プラモデルを作り続ける」、「購入する」
そして「プラモデルを造るのは楽しい」という事を伝え続けることだと思いました。

 その為のblogなのですから…。






特務曹長独白録 | 17:15:37 | Trackback(0) | Comments(0)
塗装の袋小路に入ってしまった…。
 とうとう4月に成ってしまいました。

  花より団子?寝ぼけてます。⇒寝ぼけた猫

 今、仕上げの塗装に入っておりますが
週末の僅かな時間での作業です。

 それにしても、こうして画像にしてみるとメリハリがありません。

かなりドライブラシしてますが…。⇒4月6日のM41

 昨夜、模型の師匠のW師から電話があり
「何作っているの?」と御質問でしたので、M41と答えると
「え?未だ作っているの?」との事でした。

 W師は4月に入って既に2つも完成品があるそうです。

 前にも書きましたが、模型にも適正工期があると思いますので
いい加減切り上げたいところですが、納得の行く状態にまで仕上がっていません。   







飼い猫の小部屋 | 18:21:22 | Trackback(0) | Comments(2)

FC2Ad

まとめ