■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
結構、相性悪いです。
 そして胴体を接合しました。

九九式襲撃機、左右胴体の接合⇒九九式襲撃機、胴体の接合

 ここ迄は良かったです。

 エンジンカウルにエンジンが収まりません

 なにぃ~?

 そういえば、屠龍を造った時も同じ様な事があったっけ

 仕方がないのでエンジンを削ってカウリングを被せます。

九九襲撃機、主翼と胴体の接合⇒九九軍偵察、主翼と胴体の接合

 同様に主翼と胴体の接合部も相性が悪かった…つまり
余計な出っ張りがあったのでヤスリで削りました。

 折角造ったのに何かカナシイです。

 カナシイと言えば、もう夏休みも終わりですね。

 知人の子供さんは、9月に入っも休みが続いていましたが…。

 夏休みの宿題、もう終わったかな?






特務曹長製作録 | 09:55:10 | Trackback(0) | Comments(0)
機内の制作完了
 この土日はお休みさせていただきました。

 特に土曜日は、一日家に居てのんびりと模型製作できました。

 寝ている時間も長かったけれど…。

ニチモ九九式襲撃機内部制作終了⇒ニチモ九九式襲撃機内部制作終了

 内部の細かい塗装と制作を完了出来ました。

 これという改造はしておりませんが、
後部座席の7.7mm機銃は別売りパーツ(メーカー不明)に変換しました。

 ニチモの九九式襲撃機は、結構機内も精密に出来ていますが
操縦席のシートとかはもう少し改造の余地がありました。

 また今回妥協しちゃったけれど…。

屠龍/九九軍偵・襲撃機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)屠龍/九九軍偵・襲撃機 (ハンディ判図解・軍用機シリーズ)
(1999/11)
雑誌「丸」編集部

商品詳細を見る

 機内の塗装などは今回も
「ハンディ判図解・軍用機シリーズ」を参考にさせていただいております。

 九九式襲撃機(軍偵)で頼りになる資料はこの位でしょうか?

 日曜日はどうしても出かけなくて、一日潰れましたがが
二日間の休みでだいぶ進みました。

 でも、あと一日、あと一日ゆっくりする日が欲しいです。







特務曹長の資料室 | 22:18:46 | Trackback(0) | Comments(0)
夏バテに御用心。
 飼い猫の夏バテをからかっていたら、自分が夏バテになってしまいました。

バテているのか?⇒やる気の無いきゃつ

 お盆の直前に身内の葬儀で日本一暑い所・熊谷市の近所に
日帰りで出掛けましたが、暑さにやられたようで
翌日一日寝込んでおりました。

 軽い熱中症だったのかも知れません。

 お盆でも仕事は休めなかったので、きつかったです。

 模型の方はさほど進んでいません。

エンジン部の製作⇒エンジン部の組立

 エンジンは、基本ラッカー系の焼鉄色で塗装し
つや消し黒でウォッシングしてから、銀系の色でドライブラシし
エッジを引き立たせます。

 因みに上の画像は基本塗装を終えたのみです。

 ニチモの九九式襲撃機は機内のパーツも多いので
もう少し時間が掛かりそうです。





特務曹長独白録 | 09:59:38 | Trackback(0) | Comments(0)
終戦記念日特集
 昨年、一昨年と1/48スケールを全く造っておりません。

 ヨンパチを造りたい。アキバ四十八じゃないよ。え?誰も言っていない?

 ハセガワの1/48スケールの天山でもと思いましたが
ここはひとつ日本模型の九九式襲撃機としました。

ニチモの製品も久振りであります⇒ヨンパチの九九式襲撃機

 取り合えず、主翼の上面、下面とエンジン部を塗装しました。

筆塗りなので組立てる前に塗装⇒1/48スケール九九式襲撃機主翼

 前作の1/72スケールの天山一二型の経験から
Mr.カラー濃緑色(C16)に少し艶消し白を加えて
色調を明るくしております。

 後に墨入れした時に色調が締まることを前提としております。

 「終戦記念日特集」と思って製作開始しましたが
勿論、15日には完成は間に合いません。

 模型を制作しながら先の大戦を偲びましょう。





空のお話し | 11:59:00 | Trackback(0) | Comments(0)
祝・blog開設6周年
 去る8月4日をもちましてblog開設6周年を迎えました。

 う~ん、6周年。

 生まれた子供が小学校にあがる年月…と、思うと我ながら良く続けています。

ボクも9さいです。⇒夏バテしているきゃつ

 一方で作品を公開する以上、完成度も高めないとと思って来ました。

 「下手の横好き」等と言い訳はせず、
これからも修行していきたいと思います。

 今まで御覧になって下さった皆様に感謝申し上げたく存じます。

 さて、次回作は回転翼機、日の丸飛行隊(その一、その二)で検討中です。

回転翼機候補(米軍だけど)⇒ナナニイのCH-46

日の丸飛行隊候補(その一)⇒ヨンパチの九九式襲撃機

日の丸飛行隊候補(その二)⇒ハセガワの天山一一型

 次回は、制作に入ったお話をします。







ごあいさつ | 21:23:14 | Trackback(0) | Comments(6)
【完成報告】1/72スケール 艦上攻撃機「天山」十二型
 楽しい7月も終わり、8月となりました。

 夏休みに入った子供さんとしては、
さぁこれから夏本番というお気持ちだと思いますが
私・特務曹長としては、何故か気分はもう残暑です。

 毎年同じ事を言いますが、今年南の島には行けたけれど
今年もヒョウ柄のビキニの似合う姐ちゃんとは一緒でありませんでした。

 索敵すれど戦果は無し。

 …なんて馬鹿なこと言っていないで完成報告します。

完成した「天山」艦攻十二型⇒完成天山十二型〔1〕

 機体上部の墨入れは、改めてニュートラルグレイで行いました。

 前にも申した通りフジミの古いキットは、モールドが弱いので
メタル系の墨入れをした場合アルミの粉が浮いて上手くいきませんでした。

ニュートラルグレイで墨入れ⇒完成天山十二型〔2〕

 マーキンングは、キット付属の空母「大鳳」搭載機としました。

 …というかこれしか無かったのです。

付属デカールは一種類のみ⇒完成天山十二型〔3〕

 中古で委託販売されていたキットですが
デカールは経年変化で色あせはしておりましたが
劣化には至っていませんでした。

 それにしても空母「大鳳」は、就役してから
わずか三ヶ月後のマリアナ沖海戦で沈没してしまいました。

 九七艦攻より洗練された性能とスタイリングの天山でしたが
戦果を充分にあげることが出来ませんでした。

登場が遅かった天山艦攻⇒完成天山十二型〔4〕
 
 ここのところ日本機づいている私ですが
次回も日の丸航空隊になるかも。






完成報告 | 22:17:06 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ