■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
寒いし、なかなか進まないし・・・。
 今年は例年になく寒さが身にしみます。

 先だって、早朝の未だ暗いうちに出勤で家を出ると
電車に乗っても中まで寒くて寒くて閉口しました。

布団から出ないキャツ⇒布団から出てこない

 さて、進んでいない私のセイバーですが
何とか形には成って来ました。

 後は風防や破損しやすいピトー管等を取り付けて云々です。

墨入れもしないとね。⇒48セイバー制作中0129


 そういえば、主翼の接着前に内側から増槽タンク用の穴を
開けるのを忘れていました!

 マーキングは、映画に出てきた朝鮮戦争時の機体を再現する予定です。

こんなイメージです。⇒映画でのF-86Fセイバー

 未だ完成まで掛かりますが、イメージを膨らましています。





飼い猫の小部屋 | 17:33:26 | Trackback(0) | Comments(2)
大分に行って来ました。
 今年最初の出張です。

777、早朝の羽田にて⇒早朝の羽田にて

 毎度、私の出張話はウケないのですが今回ばかりは発見がありました。

 下の画像の「友永パン屋」は、別府市にあり地元の方の御好意で立ち寄りました。
 お店の佇まいは昭和の雰囲気を残しており
売っているパン類もどこか懐かしい雰囲気でした。
 聞くところによると、ミッドウェー海戦で戦死した友永丈市海軍大尉(戦死後中佐)の
御実家ということでした。
 思わず、姿勢を正してアンパンを食べてしまいました。

別府市の友永パン屋⇒友永パン屋



 友永大尉は、ミッドウェー海戦で機体が破損していて片道切符となるやも知れないぬのに
出撃して戦死されました。
 いろいろな映画で同海戦のエピソードとして取り上げられています。

 焼きたてのパンは、勿論ホカホカと暖かく美味しかったです。

 私のblogを御覧になって下さっている方には、(上手く表現できませんが)
私の感動を共感して下さるものと思い、今回記事にしました。

 別府市へ行かれる際には是非お立ち寄り下さい。

 肝心なセイバーは、余り進んでいません^^;。
 





特務曹長紀行 | 15:43:59 | Trackback(0) | Comments(4)
敵のコードネーム
 映画『追撃機』(58年)に出てくる敵機は、
当然ミグ15のはずですが、
撮影は米国内ですので出てくる機体は
F-84Fサンダーストリークがミグ役で出ています。

ミグ役のF-84F⇒ミグ役のF-84F
 
 敵のミグ戦隊は北朝鮮軍ではなく、
中国の抗美援朝軍という設定で、パイロットは中国人です。

 敵の指揮官の本名は不明なのか
「K・C・ジョーンズ」と呼ばれています。

敵の撃墜王“K・C・ジョーンズ”⇒敵の撃墜王K・C・ジョーンズ

 この「K・C・ジョーンズ」という名称ですが、調べてみたら
アメリカのプロバスケットボールNBAの選手の名前でした。

 しかし、本当のK・C・ジョーンズがNBAで活躍するのは
映画公開時の1958年以降です。
 朝鮮戦争時は大学のチームで活躍していたみたいですが
その当時から相当有名だったのでしょうか?

 日本で言うならば、
敵に「まーくん」とかいう渾名を付けるみたいなもんです。

 アメリカ人の感覚は良く分かりません。

イタレリ 1/72 F84F サンダーストリーク (タミヤ・イタレリシリーズ:39107)イタレリ 1/72 F84F サンダーストリーク (タミヤ・イタレリシリーズ:39107)

イタレリ

商品詳細を見る

 F-84F、或いはミグ15を
「K・C・ジョーンズ」仕様にしてみるのも面白いかも知れません。

 





映画に出てきた飛行機 | 14:36:09 | Trackback(0) | Comments(2)
今回参考にしているセイバーの資料
 正月早々、クリア・パーツを亡失してしまいました
 散々探して見つからないので、
諦めてアフターサービスの申し込みを準備していると
いつも作業している自室ではなく、台所のテーブルの下から出てきました

 ああ、そういえばテレビ見ながら台所で作っていたっけ…。一件落着

 でも、正月から嫌だなぁー。こういう展開は

 それはともかく、今回参考にしているのは、やはりセカケツです。

ノースアメリカンF-86セイバー  世界の傑作機 NO. 93ノースアメリカンF-86セイバー 世界の傑作機 NO. 93
(2002/03)


商品詳細を見る

 しかし、朝鮮戦争の米軍機の写真や絵が少ないのが残念です。

 そこで、オスプレイ・シリーズを入手しました。

朝鮮戦争航空戦のエース (オスプレイ軍用機シリーズ)朝鮮戦争航空戦のエース (オスプレイ軍用機シリーズ)
(2003/09)
ロバート・F. ドア、ウォーレン トンプソン 他

商品詳細を見る


 映画に出てきた機体は、機首を黄色く塗装してありますが
セカケツでもオスプレイ・シリーズでも該当、もしくは類似する機体の記載はありませんでした。

駐機をR・ミッチャムが横切る⇒セイバーとミッチャム

 ですが、オスプレイ・シリーズは決して役に立たないわけではなく
胴体、主翼、尾翼に黄色い帯が入ったカラフルな塗装の掲載は多数あり
大いに参考になります。

パネルラインを塗り分け作業中⇒パネルライン塗り分け中

 制作するに予算もあるのでこれ以上資料を集める気はありませんが
上記二冊で充分かと思われます。





特務曹長の資料室 | 23:05:20 | Trackback(0) | Comments(2)
ヨンパチF-86Fセイバーの愉快な仲間たち
 昨日の元旦はのんびりと過ごしました。

 左右胴体との接着、主翼の接着と形になってきましたが
先に塗装せずにこの段階ですればと、新年早々後悔しております。

胴体と主翼の接合完了⇒胴体と主翼の接合

 作り慣れたはずのハセガワのキットですが
意外に左右胴体の結合とその後の主翼との接着で微妙なところで
相性が悪く暫く指で抑えていなくてはなりませんでした。 

 さて、セイバー、1/48スケールではハセガワ以外のキットは
どういうのがあるのか調べてみました。
 かつてはモノグラム(レベルのと同じ?)からの発売がありましたが
現行では、お隣・韓国のアカデミーからの発売があります。

ヤフオクで格安で落札⇒アカデミーのヨンパチF-87F

 今回、制作するにも参考に購入してしまいました。

 組説を見ると、当然ながらハセガワとは部品構成や組立工程も違っています。

 こういった差異を楽しむのもモデラーとしては醍醐味です。

 ところで、アカデミーからは日本向けの限定商品として
我が航空自衛隊の米軍貸与機デカールが入っていた模様です。

 ハセガワからも米軍貸与機デカールの商品が出ていたみたいですが
これまた限定品だったみたいで模型店の店頭では見かけません。

 売っていたら欲しいですねぇ~♪また東宝特撮仕様を造りたいです。

 ハセガワでもアカデミーでも米軍貸与機仕様を店頭で見かけたら買いです!





キットで満足♪ | 10:14:01 | Trackback(0) | Comments(0)
賀正\(^o^)/。
 弊blog御覧の皆様、新年明けまして御目出度う御座いますm(_ _)m。

 今年も新年から更新してしまいますので、宜しくお願い致します。

元旦から毛繕いする飼い猫⇒元旦から毛繕いする猫
 
 東京地方、雲ひとつ無く快晴ですが、飼い猫とともに年末年始のんびりと過ごし
模型制作もしております(お雑煮も食べたし♪)。

 制作の方は、先ず機首の制作が終わり、胴体、主翼の基本塗装も終了しました。

機首は黄色、5gの錘を用意⇒F-86Fコクピット部分

 機首は塗装の都合のあり、多少製造工程を無視しております。
 この時代ごろから米軍機は機首に重心が掛かりますので、
ミニ四駆用の錘(おもり)と古いパチンコ球を使用しております。
 組説でも5gの錘を用意する様に指示があります。

何と言ってもセイバーは銀色⇒F-86F機体の塗装

 銀色の塗装は、筆では斑(ムラ)が出るので
Mr.カラーの缶スプレーを使用しました。

 しかし、細かい埃が付着してしまい苦労しました。





ごあいさつ | 10:08:12 | Trackback(0) | Comments(4)

FC2Ad

まとめ