プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

【完成報告】1/100スケール C-47“ダコタ”

 とうとう9月も終わりなので無理やり完成に漕ぎつけました。

 マーキングも終了し、完成しました。

マーキングは手描きです。⇒【完成】C-47“ダコタ”〔1〕

 デカールが入手出来なかったので
手描きしましたが上手に出来ませんでした(ゆ、歪んでる!)。

 国籍は外側は、グンゼカラーの
サンダーバーズカラー(326)、内側はスカイブルー(34)です。

映画の主役「SISTAR ANN」⇒【完成】C-47“ダコタ”〔2〕

 本機「SISTAR ANN」のノーズアートも手描きではありますが
紅白の部分は近所のスーパーの広告を切り抜いて使用しております。

 張り線をしようと思いましたが
映画に出てきた機体は張り線がありませんでしたので
キットもそのままにしました。

 劇中の機体は、東南アジアから運んできた稼働可能の機体だそうですが
浜松にも「SISTER ANN」のノーズアートの機体が静態保存されている模様です。

後ろから見たC-47“ダコタ”⇒【完成】C-47“ダコタ”〔3〕

 こうして見ると、C-47はシンプルですが均等のとれた機体だと思います。

 大戦中から使用され戦後も長く使われ続けたのは
基本設計がしっかりしていたからでしょう。
 
 ナナニイで作ってみたいと思いました。

ダコタ墨入れす。

 今更ではありますが、塗装はラッカー塗料でしておりますので
墨入れはエナメルの艶消しブラックで行っております。

 夜帰宅後に墨入れしたのでそのまま寝てしまいました。

先ずはモールドに塗料を流し込む⇒墨入れ中のダコタ

 うわっ、汚ねー雰囲気ですね。

 今回は一昼夜、自然乾燥した後にモールドで無い部分を拭き取ります。
 その辺にある綿棒にシンナーを染み込ませ、そっと撫でる様にはみ出している部分の
塗料を拭き取っていきます。
 モールドがあまいと塗料が乾燥していない状態でこの作業をすると
モールドに残るはずの塗料もそのまま持って行かれてしまいます。

 このキットも決して新しくないので、一晩待ちました。…というか、成り行きで^^;。

一晩おいた結果をどうぞ御覧あれ⇒墨入れ後のダコタ

 機首の塗り分けは上を黒鉄色と混合した銀、下を艶消し白と混合した銀で塗り分けてみましたが
ちっとも格好が良くないので止めました。

 次はマーキングに移りたいと思います。

続・久し振りにプラモデルを造ってみた。

 結局、その後も工作できずにおりましたが
再びモデリング再開です。

 ドアの部分や機首など銀塗装の色調を調整し
一部変化を持たせております。

本日までの進捗状況⇒今日のダコタ0914

 後は墨入れとマーキング、張り線を残すのみとなりました。

 そして昨日、久し振りに神田・神保町に行ってみました。

すずらん通りの様子⇒神保町すずらん通り

 結構様変わりしていていましたね。

 電車通勤なので、本は通勤の友。
常々次は何を読むか物色しておりますが
最近は、Amazonで本を買うのが当たり前になってしまい
書店へ行く機会が減りました。

 日曜日は休みの本屋も多いので
本当は土曜日に来たいです。

 御存知の通り、神保町はミリタリー系の書籍も
揃いやすいのですが、来る機会が減ってしまいました。

 余裕の無い自分を寂しく感じたりもします。 

昨日久し振りにプラモデルを造ってみた。

 学生・学童も2学期がはじまり電車も元の状態に戻りましたが
早速、今朝「具合の悪いお客様が云々…」とかで遅れる始末。

 みんな、そんなに仕事や学校に行きたくないかい?

 私・特務曹長も会社に学校に行きたくないっ!と
思ったことは何度もありましたが、我慢していきました。

 それが良いとは言わないけれど…。

 さて、工作の方は暫くできずにおりましたが
昨日よりモデリング再開です。


だいぶ完成形に近づきました。⇒完成形に近づいたダコタ

 今回は、書籍の資料が無いので
ネットで拾った画像を参考にしておりますが、
脚まわり等の詳細に分かる良い画像が無くて難儀しました。

 また、キットが古いのでパーツがバッチリと合いません。

 映画に出てきた機体を再現するのに細いパーツを調整しております。

 8月中には完成しませんでした(T_T)。

| ホーム |


 BLOG TOP