プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

まとめ

実物のミグ17を見たことがある。

 件名の通りなのですよ。

 とは言っても静態保存、もう動かなくなった剥製の虎みたいなものです。

今回完成したミグ17F⇒【完成】1/72スケールMig15F〔3〕

 実物を見た場所は、中国は北京市郊外の中国航空博物館(昌平県)。
 静態保存とはいえ、実機の展示は相当量ありました。

国航空博物館のパンフレット⇒中国航空博物館のパンフレット

 昌平県は北京市内から自動車でかなり走り、
中国人の友人夫妻にお願いして連れて行っていただいたのですが
友人宅から出発したのが午後かなり遅く、博物館にたどり着いたのが閉館間際という顛末でした。
 
 屋内展示をかろうじて見られただけで、慌てて上の画像のパンフレットを買いました。
 もうかれこれ10年以上前ですが、パンフレットは当時15元でした。

ずらりと並んだ展示機⇒ミグ17の屋外展示風景〔1〕

 自分でも撮影したのですが、当時未だフィルム撮影でしたので上のパンフから
画像は拝借致しました。

 ちなみにミグ17は中国では殲撃(J)-5型と呼ばれていていますが
中国製のミグ機が生産されるのは、次のミグ19、殲撃-6型からです。

 上のずらりと並んだ屋外展示はろくに見られず北京市内へと戻りました。

 友人夫妻は飛行機に興味が無かったし、寒かったので…(^_^;)。

【完成報告】1/72スケールMig15F

 そしていきなり完成です。 

  完成したMig17F⇒【完成】1/72スケールMig15F〔1〕

 デカールは、赤い星専用のをセールで入手しました。
 機首の数字は、考証無視でドイツの戦車用のタミヤのデカールから転用しました。

後ろからみたところ⇒【完成】1/72スケールMig15F〔2〕

 これという工夫はしておりませんが、
ピトー管は真鍮パイプと真鍮線の組み合わせに替えてあります。

 風防と機体の接着面は隙間だらけでしたので、木工用ボンドで埋めてあります。

ピトー管も真鍮に交換⇒【完成】1/72スケールMig15F〔3〕

 尻もちをつかないように、機首にパチンコ球一つを入れましたが
不足だったようで尻もちをつくので、真鍮線で支えを設けましたが
こうして撮影しても目立ちません(ヨカッタ、ヨカッタ…)。

パチンコ球一個では重量不足⇒【完成】1/72スケールMig15F〔4〕

 中国の博物館で撮影した本物の画像をお見せしたかったのですが
間に合いませんでしたので、またの機会に(^_^;)。

ナナニイのミグ17

 画像の通り墨入れが完了し、張り線の準備中です。

早く乾燥しないかな…。⇒墨入れ完了後のミグ17

 Mig-17ぐらいまでは、無線用アンテナの張り線が必要です。

 さて、手頃に入手できるMig17は、KPモデル(チェコ)のPFがあります。

KPのミグ17の型はPF⇒KPのミグ17

 機首の形が違うのがよく分かります。

 出来の方は…?凸モールドです。

 凸モールドが良くないとは申しませんが
今回のAZと言い、KPと言い造りにくいのは一緒です。

 不思議に思ったのは、赤い星のデカールが無いのですよ。

 ソ連に対する細やかな抵抗でしょうか?

 それにしてもAZとかKPとか、何の略でしょう? 

Blog開設7周年と5万カウント達成

 今年の前半は、心理面でのショックが大きい出来事がありました。
 後半はそれを忘れるためとは申しませんが、仕事が忙しくblog更新はおろか
模型制作もままならない状況でした。

 気がつけば、この8月にはblog開設7周年を迎え5万カウントも達成致しました。
 御覧になって下さっている皆様のお陰でもあります。
 心より感謝申し上げます。

 10月10日~12日迄は、11日に仕事仲間の結婚式が有ったのに出た位で
後はお休みさせて頂きました。
 久し振りにゆっくりしました。

基本工作完了のMig17F⇒今日のミグ17F

 その間、模型製作も進み基本工作は折れやすいピトー管を残してほぼ完成です。

 後は墨入れとマーキングです。

疲れたら趣味が一番

 またまたblogの更新を怠っておりましたが
模型制作は進んでおります。

本日迄の進捗状況⇒AZmodelのMig-17F(10月10日)

 翼の機体本体への取り付けも完了しました。
 接着箇所に大きな隙間が残ってしまうので
接着力強化も兼ねて瞬接で穴埋めをしましたが
それでも隙間は残ってしまいました。

 今は徐々に脚などの細かいパーツを装着をしていっております。

 AZmodelは、簡易インジェクションなのかパーツのバリも多いです。

 今年後半は仕事の忙しさに追われております(その割にちっとも儲かっていないのです)が
流石に今日は異様に疲れたので一日お休み致しました。

 少しゆっくり模型にも触れました。

| ホーム |


 BLOG TOP