■プロフィール

特務曹長

Author:特務曹長
模型造りが大好きなおっさんモデラーと飼い猫のblogです。

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター

■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ドルニエ塗装完了するも
 私を少林寺拳法に誘ってくれた大学時代の友人のS君と
以前呑んだ時に模型の話になり、エアブラシを持っていないと話したら
「家(うち)はもう使わないから」と気前よく譲ってくれました(しかも無償)。

 S君、いつも有難う>(_ _)<。

 今回のドルニエで目出度くエア・ブラシのデビューと思って使用してみました。

 おお!こうなるのか!と感動しました。
 当たり前ですが、筆とは全然、違います。
 ところが、同居する老父母から
コンプレッサーのモーター音が「うるさい」という苦情がありました。

 となると、使用時間が限られ週末の昼間しか駄目です。

エアブラシ初使用ですが・・・。⇒ドルニエDo17z塗装完了


 且つ、私が使いこなせないこともあり
今回も機体上面の大部分が筆塗となりました。

 次回は、炭入れとマーキング、張り線でいよいよ完成です。





特務曹長製作録 | 10:16:49 | Trackback(0) | Comments(0)
特務曹長の優雅な休日?
 着々と制作が進んでおります。

 今までの数か月は何だったのか!? と思います。

 久し振りに一日休めたので模型製作に勤しみました。

窓枠は何とか完了しました。⇒塗装前のドルニエ

 前回、部品番号26(防空機銃)がどうして二つ程
銃床部分が無いのか分かりました。

 狭い機内で干渉してしまうからです。

 縮尺の限界で、大きすぎるのでしょう。

 次はいよいよ機体の塗装に入ります。 






特務曹長製作録 | 14:42:19 | Trackback(0) | Comments(0)
メタボ対策で制作が加速
 制作が加速しました。

 実は理由があります。

 平日、帰宅後に食事して気が付くと寝ていて電気を消して
改めて寝るという生活が続いていました。

 すると久し振りに会った人に「太った?」と訊かれる始末。

 そこで、夕飯後に自室に戻りベットへ転がるという生活習慣は改めて
模型を造ることにしました。
      Do17Z風防の装着完了⇒Do17Z風防の装着完了

 この時期のドイツ軍機は、風防が多く
レベルのドルニエも4つのパーツとなっております。

 マスキングテープを貼って機内色、機体色と塗る作業が
緻密さと根気が要り、睡魔と戦っております。

レベルのドルニエ設計図〔3行程〕⇒レベルのドルニエ設計図〔3行程〕

 あと、風防の多さと共に防御用の機銃も比例して多いです。
 全部で6丁ですが、何故かレベルのキット、2丁は銃身のみで
把手部分が有りません(部品番号26)。
 1丁は自作して機首に装着し、もう1丁は何も施さず機体下部に装着します。

 早く、機体上面の塗装に入りたいです。





特務曹長製作録 | 09:33:45 | Trackback(0) | Comments(0)
ピースコン(エアブラシ)欲しいよぉ(>_<)。
 連休も終わってしまいました。

 一日しか休めませんでした。

 ゆっくりプラモデルを作りたいです。

 何とか時間を確保し、制作しました。

機体下面の工作ほぼ終了⇒脚付きドルニエDo17Z(裏)

 機体下面を塗装し、脚を装着しました。

機体上面の塗装どうするか⇒脚付きドルニエDo17Z(表)

 これから機体上面の塗装に入りますが
設計図の様な緩やかな二色塗装を試みたいです。

組説に着色してみました。⇒ドルニエDo17の設計図

 大戦前期のドイツ機の多くは、ダークグリーンとブラックグリーンの
ツートンカラー、しかもギザギザの迷彩が多かったと思いますが、
このドルニエは緩い曲線です。

 こういう塗装は筆塗りではなく、ピースコン(エアブラシで)で
表現してみたいです。

 真面目に初心者用の購入を検討します。






特務曹長独白録 | 17:03:49 | Trackback(0) | Comments(0)
連休の最中、模型店にも行ってみた(=^・^=)。
強風は収まりまして、東京地方ピーカン(快晴)です。

 機体下面の塗装をしました。

機体下面塗装終了後のDo17Z⇒機体下面塗装中のドルニエ

 前回も書きましたが、大戦前半のドイツの軍用機は、
RLMライトブルー65(Mrカラー115番)です。

 そんな中、久し振りに模型店にも顔を出しました。

1/144スケールAIRFIXのコメット⇒デ・ハビランド・コメット

 そして再販、新商品を購入しました。

 コメットは古いのを一箱持っておりますが、中身は一緒でした。

1/144スケールVC10、BOAC仕様⇒ビッカースVC10

 ヴィッカースは、最初興味が無かったのですが
大分の友人・T機長より
「BOACのVC10、格好良いですからぜひ作って下さい」というリクエストが有り
ならばと思い購入してみました(完成はいつのことやら…〔^_^;〕)。

 ローデン(ウクライナ)のキットで、ちゃんと窓も開いてました。

 肝心なドルニエですが機体下面の工作終了後、
機体上面の塗装に入りたいと思いますが、
ピースコン(エアブラシ)欲しいなぁ…と思いました。
  
 (堺すすむ風に⇒)なーんでか?

 それは次回にお話致します。





買っちゃったの・・・。 | 15:03:44 | Trackback(0) | Comments(2)
連休に突入、されど…。
 世間は連休に突入したものの、休めないでいました。

 今日は何とか模型制作の時間がとれました。

 いろいろと修正する箇所が多かったです。
 後からクリアーパーツを装着する部分は空いたままですので塗料が吹き込まぬ様に
クリーニング屋のビニール袋を細かく切って詰め物にしました。

塗装前のドルニエの裏側⇒塗装前のドルニエの裏側

 この時代のドイツの軍用機は、RLMライトブルー65です。
 大戦前半は、Mrカラーでいうと115番です。

 実は、強風の為にベランダでスプレー塗装するものの細かい埃(ほこり)が入ってしまい
やり直しと相成ってしまいました。
 風が収まる様子もありませんので、その間に車輪の塗装などもしておきました。

 最近、細かい塗装をしていたら目が辛く感じられます。

 ぼちぼち老眼かと思うと、ちょっと悔しいです。





特務曹長製作録 | 22:19:35 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

まとめ